« 凱旋門賞への道 Part1 | トップページ | 凱旋門賞への道 Part3 »

2006年7月23日 (日)

凱旋門賞への道 Part2

勿体つける必要もないのですが、Part2 っていうか、過去の記憶。

私は過去2回、ロンシャンに行っておりまして、2回目は2002年。マンハッタンカフェが出走したときですね。武豊騎手公式HPの応援ツアーで行ったんですが、これは近ツリでした。特段、武騎手ファンではなかったんですが(失礼)、会えるんだったら、そっちにしようって理由で。このときは、滞りなく、ツアーは終わり、問題はなかったんですが…。

その3年前、1999年。エルコンドルパサーがモンジューの2着だったときですね。この年は、興奮しましたね。エルコンドルパサーの欧州キャンペーン。フォワ賞を勝ってから、行くことを決意したので、思いっきり遅かったですね。でもあの時は、この時期でも普通に、ギャロップでツアーの募集記事とか載ってましたから、のどかなものです。

電話で問い合わせをして、まず、定員になっていないか聞いたら、大丈夫とのこと。資料を送りますって言うんで、待ってたら、ゆっくり普通郵便。週跨ぎで3、4日、届いたものを速攻で送り、入金したところ、「定員になりましたので、返金します」って、こら!電話で聞いたんだぞ!大丈夫なのかって。担当者が余裕たっぷりに大丈夫です。とか言ってたんだぞ!取りあえず、お金だけでも振り込みますか?とか聞いたのに、まだ大丈夫です。とか言ってたんだぞ!

散々、電話とかメールとかで文句を言った後、他のツアーとか分かんなかったんで、JTBの普通のパックツアー、終日フリータイムっていうので、行く羽目になりました。まあ、それで貴重な体験が出来た部分もあるので、一概に悪い結果だったとも思ってはいないんですが。

ってまあ、その程度の因縁なんですが。

Part3に続く

|

« 凱旋門賞への道 Part1 | トップページ | 凱旋門賞への道 Part3 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/2765014

この記事へのトラックバック一覧です: 凱旋門賞への道 Part2:

« 凱旋門賞への道 Part1 | トップページ | 凱旋門賞への道 Part3 »