« ディープインパクトの引退について思うこと | トップページ | 日本シリーズとワールドシリーズ »

2006年10月19日 (木)

欧州競馬の陰謀?

凱旋門賞での、ディープインパクトの検体から、欧州では禁止されている薬物が検出されたということが発表された。

もし本当であれば、ディープインパクトの凱旋門賞3着は剥奪され、失格となるだろう。

そうなれば、日本競馬史上、最大のスキャンダルとなりうる大事件である。

いまだ、事実関係は分からず、はっきりとした事は言えない段階です。

もし、ニュース等で報道されているように、日本では、禁止されていない薬物だったため、使用してしまった、と言う事が事実であれば、論外です。大論外。

ディープインパクトという日本競馬でも稀有な名馬の歴史に、大きな、そして、拭い難い汚点を残してしまったことになります。

----------------------------------------------

ただね。本当かなあ、という気持ちです。

いっても、日本でも有数のトップトレーナーですよ。そして、そのスタッフですよ。

ありますか?その地域の禁止薬物を調査しない、もしくは、勘違い。

私は、ちょっと考えられない。別に、彼らを実際に知っているというわけではないですが。

日本自体、競馬においても、薬物に関しては、かなり厳しい地域といえると思います。

しかも、池江厩舎は、これまでドバイや香港に遠征してきています。当然のことながら、地域によって、禁止薬物の規定に違いがあることなど、知っているはず。

それが、こんなイージーミス、しますかあ?

よりによって、日本競馬の悲願とも言える、ディープインパクトの凱旋門賞で、ですよ。

彼らが、どれだけ今回の遠征に力を入れてきたかは、日本の皆さんであれば、いやと言うほど知っているはず。

結果は、3着でしたが、そして、その経緯については、言いたいことはいっぱいあります(この辺は前項・前々項をお読み下されば幸いです)が、彼らの仕事に関しては、素晴らしかったと思っています。

これは、私の全くの私見という前提で、書き込みますが、

「これは陣営が、ディープインパクトが嵌められた」

と思えてなりません。

「日本馬に凱旋門賞を勝たせるわけには行かない。」

「しかし、ディープインパクトは実際に凱旋門賞を勝ってしまうほどの力の持ち主である。」

「であれば、薬物を混入して、万が一、ディープインパクトが凱旋門賞を勝ってしまっても、失格にして、その称号は剥奪する。」

そんなストーリーが見え隠れします。

勿論、何の証拠もありません。

ただの想像です。

でも、勝つためには、何でもやるのが、欧州流。しかも、彼らのプライドでもある最高峰のレース、称号です。

それをおめおめと、日本人&日本馬になど渡したくない、と考える欧州の人間はいるはず。

取材規制は厳しかったかもしれないけど、競馬関係者なら、比較的簡単に、厩舎には入り込めるし、薬物を混入することは、さほど難しくは無いように思います。

逆に、池江厩舎の陰謀だったとすると、あまりにもお粗末だし、隠れてやるなら、もう少し、うまくやるような気もする。

第一、基本的に、日本人は、正々堂々とか、ひたむきにとか、そういう人種です。勿論、そうじゃない人もいますが、基本的にはそういう人種です。ましてや、その舞台が大きくなればなるほど、その傾向は強まってきます。

「相手は関係ない。自分の力を出し切るだけです。結果は後から付いてきます。」的なインタビュー、何回聞いたことか。そして、素直に戦う日本人を、こすっからい、実力では下な外国人が破る姿を何度見たことか。

それでも日本人は、その姿勢を、基本的には崩しません。

彼らも、そういう日本人であるということは、様々な発言からも、読み取れます。

そんな彼らが…。

私は想像できないのです。

惜しむらくは、笑顔で歓迎しておきながら、裏では、どんな手段も辞さず、という欧州流のやり方を想像できずに、上手く対応できなかったという意味での、人の良さ、準備不足を残念に思うばかりなのです。

--------------------------------------------------

重ねて、言いますが、これは私の全くの私見です。

違ったらごめんなさい。

事実が判明したときには(するかなあ?)、この項を更新します。

|

« ディープインパクトの引退について思うこと | トップページ | 日本シリーズとワールドシリーズ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

Horseplayerさん、こんばんは。

コメントありがとうございました。

少し先走った記事を書いてしまいましたが、あの記事の更新は少し止めようと思います。

Horseplayerさんのおっしゃる説も頷けるものがあるからです。勝負に“汚い”欧州ならやりかねないことですからね。

何はともあれ今日の夕方はこのニュースを調べていたおかげで、全く仕事になりませんでしたよ(笑)。

投稿: triomphe | 2006年10月19日 (木) 22時54分

triompheさん
コメント有難うございます。

いやあ、びっくりしました。私はさっき、ご飯食べてるときに、母に言われて、びっくり!
慌てて、情報をかき集めて、考えた結果、あのような考えに至りました。この項でも今書いている最中ですが。

まさか、欧州中の競馬関係者がこんなことをするとは思いませんが、一部の関係者がこのようなことをするのは、まんざら空想とは言えない、現実味があるよう思います。何せ、ヨーロッパですから。

まあ、陣営が無実であることを願いたい、という願望もあることは事実ですが。
そして、何より、皆さん仰っているように、ディープインパクトには何の罪も無いのですから。

投稿: Horseplayer | 2006年10月19日 (木) 23時09分

Horseplayerさん、こんばんは。

公式発表ではないので現在のところ、真実は闇の中です。しかし他のスポーツではそういう陰謀がワールドカップなどでもあると聞きますし、Horseplayerさんのご指摘も可能性はあるのかもしれません。
池江厩舎に限ってそのようなことはないと思いますし。
馬には罪がないのに後世から振り返ると、結局馬のイメージが悪くなってしまう。
これだけの成績を残したディープがかわいそうでなりません。

投稿: 本間甲斐奈 | 2006年10月20日 (金) 05時14分

Horseplayerさん

今頃コメントの設定を切り替えていたことに気がつきました。何回かコメントをもらっていたのに、本当に失礼しました。

薬物の件は、心無い人が好き勝手なことを言っていますね。特にJRAの理事やTVのM氏の発言など許しがたい部分があります。
クロノスもドーピングは100%ないと断言してもいいと思いますよ。

投稿: クロノス | 2006年10月30日 (月) 00時16分

本間甲斐奈さん、コメントありがとうございました。
お返事遅くなり、すみませんでした。

本当に残念な事件ですね。この項を書いてから、しばらく経ちましたが、事実関係ってのは明らかになるのでしょうか?

どちらにせよ、ほぼ失格決定のディープインパクトが哀れでなりません。

投稿: Horseplayer | 2006年10月30日 (月) 22時47分

クロノスさん、どうも^^。

どうぞお気になさらずに。
まあ、そうじゃないかとは思ってたんですけど、催促するわけにもいかず。

ディープの件では、かなりショックを受けました。ここに書いたことも、ちょっと極端な言い方だったかな、とも思いましたが、書かずに入られなかったというのが本当のところです。
まあ、JRA理事長は論外ですね。辞任を要求したいところ。そして、色の黒いMもんたは、無視です。話を聞くことすら、時間の無駄です。
この事件でちょっとブログの更新をする気になれない部分もあったのですが、ようやく、最近、持ち直してきました。
私の場合、競馬だけではないですが、ぼちぼち、更新していきます。私もクロノスさんに倣って、凱旋門賞観戦記も書こうとは思ってますが、たまにお付き合い頂ければ、幸いです。

投稿: Horseplayer | 2006年10月30日 (月) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/3886538

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州競馬の陰謀?:

» あなたは競馬で儲かってますか? [ドリームボックス競馬予想]
ドリームボックス競馬予想であなたの競馬が変わります! 今年の京都競馬驚きの回収率を実現!1回 第6日 3連複 343% 2回 第3日 第5日 3連複 336% [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 09時50分

» Cheap tramadol cod buy cheap cod online tramadol. [Cheap tramadol cod buy cheap cod online tramadol.]
Tramadol cod. [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 15時29分

« ディープインパクトの引退について思うこと | トップページ | 日本シリーズとワールドシリーズ »