« 雑感 | トップページ | 2006凱旋門賞回想録 episode 0 »

2006年12月24日 (日)

m( _ _ )m

強かったですねえ…、はい、どうもすみませんでした。

m( _ _ )m

史上最強馬か、どうかは、さておいて(まだ言ってますが^^)、現役最強馬であることは、完全に証明されたわけですが、っていうか、もう皆さん分かってましたか、そうですか。申し訳ございません。

ま、ただ素直ではない私としては、「こんだけ強いんだったら、ロンシャンで勝ってくれよ!」という思い。悔しいなあ。本当に、勝てる馬だった、というか、勝てる馬なんです。来年でも、遅くないんですけどね。

最後に、本当に、この馬が種牡馬としても、日本競馬の歴史を変える馬であることを願って。

引退式を見ながら。

|

« 雑感 | トップページ | 2006凱旋門賞回想録 episode 0 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

Horseplayerさん、こんばんは。

金曜日以来、久しぶりに中山から帰って来ました。もう二度と中山で徹夜はいたしません(笑)。

さて、現役最強馬ということは認めるとしても(今更か)、史上最強馬というのは少し異論があるところかと。

まず3冠(もしくは2冠)は世代レベルが全体的に低いときに出現しやすいこと。特にやつの世代はオサイチジョージ世代までとは言いませんが、来年以降、世代混合G1を勝つ馬はもう1頭も出ないでしょう(ヤツとカネヒキリだけか結局)。したがって、世代レベル的にはロブロイ、ネオユニ世代かデジタル、タップ世代という評価が妥当。この2世代ともに2冠馬が出現している世代ですね。

世代ではやつ1頭だけが5馬身抜けていた、他の世代では2~3馬身ほど抜けているくらいの強さなのかな。だから他世代のトップクラスと戦っても今日ぐらいのパフォーマンスは見せられるのだと思います。現5歳のレベルは中くらいだと思うので(強くはない)、世代レベル的には現5歳>=現3歳>現4歳になりますかね。前後の世代がさほど強くなければ、図抜けた能力を持っていることで、突き抜けた実力の持ち主と思わせるようなパフォーマンスをすることが可能になりますね。

以前、自分のブログにも書いたと思うのですが、競走馬の「最強論」は非常に複雑です。時代ごとに最強馬がおり、その最強馬同士を戦わせて優劣を決めることは結局空想の世界。「ナリタブライアンの外からディープインパクト!しかし、先頭はルドルフ」みたいな感じでしょうか(笑)。

次に彼のような存在が日本の競馬界に出現したときに(いつになるんでしょうか)、再び最強論争が激しく議論されることでしょう。その時こそ、我々のネヴァーエンディングストーリーにピリオドが打たれればいいな、とは思いますが(笑)。

何はともあれ「狂騒曲」が終わりました。来年のJの売上の更なる低下、入場人員減は必至と見られますが、Jはどんな施策を打ち出してくるんですかね。

投稿: triomphe | 2006年12月24日 (日) 22時18分

triompheさん、コメントありがとうございます。
そして、お疲れ様でした。凄かったですね。中山は、TVで見てても、げんなりする人の出でしたね。
そして、この勝利で、マスコミとディープファンは、一連の出来事も、すっかり、水に流すんでしょうね。総括することもなく。で、同じ過ちを繰り返すんですかね。
やれやれ。

私も、ディープインパクトが、史上最強馬だとは思っていません。ま、それはこれまでの文章から滲み出ていることと思いますが^^;

世代論で言えば、triompheさんの意見に賛成です。
そして、私は、こう考えています。
歴史的な名馬クラスの馬が、不毛な世代に誕生し、その前後の世代では、適切な舞台で万全な状態で対戦できる馬がいなかった、と。
だからこそ、去年の有馬記念、今年の凱旋門賞の敗戦は、大きかったのです。

さて、私自身も、最強論はとても複雑で、しかも、正解の出ないものだと思っています。これ書き始めると、長くなるので止めますが。

「次に彼のような存在が日本の競馬界に出現したときに」
まあ、あそこまでドラマチックな馬でなくても結構(笑)ですので、勝てる馬、カモーン、て感じですね。

なにはともあれ、ディープに振り回された2年間は終わり、新しい競馬が始まります。

投稿: Horseplayer | 2006年12月25日 (月) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/4660648

この記事へのトラックバック一覧です: m( _ _ )m:

« 雑感 | トップページ | 2006凱旋門賞回想録 episode 0 »