« フジキセキ産駒史上最強馬 | トップページ | m( _ _ )m »

2006年12月19日 (火)

雑感

どんだけ書いてないんだよって話ですが。

そんなこんなで、もう有馬ですね。早いもので。

思えば、ロンシャン以降のマイナスも、一向に返せていない私の馬券センスも、末期症状のようですが、ここ最近の話題を、つらつらと。

「2歳戦」

新しい世代の種牡馬が、元気がいい。喜ばしいですね。

タニノギムレット、アドマイヤコジーンなど好調で、ステイゴールドもG1種牡馬の仲間入りです。サンデーサイレンス亡き後、パワーバランスはどの様に動いていくか、興味は尽きません。

個人的には、アドマイヤコジーンは予想通りというか、想定の範囲内の活躍でした。プチコジーンとして、安定した種牡馬になりそうです。仕上がり早いし。アストンマーチャン級は、何頭か送り出せると踏んでいますが、どうでしょう?

申し訳ないんですが、タニノギムレットは予想外の成功でした。彼自身の競走能力は評価していましたが、ブライアンズタイム産駒の種牡馬としての難しさを考えると、ちょっと期待するのは難しかったです。まして、母父クリスタルパレスだし。それとやはり彼自身、マイルでもスピード負けしない走りを見せられたというのも大きいのでしょうか。今後、ダートのB級馬専門になりつつある父の分も、大物を期待しています。

SS系の種牡馬の強さも何とか、実証しつつあるようで、サンデーサイレンスの血は、日本に根付くことが出来そうです。出来ることなら、この血が世界の血統地図に、大きな足跡を残して、世界中に広まっていって欲しいと願うばかり。このラインが活力を持って、何代も続いていって欲しいなあ。

「香港」

アドマイヤムーンのゴール前は、声が出ましたね。

惜しかったけど、まあ、あの馬は本当に二千は走りますね。というか、あの血統構成で、香港でも二千が持つ、って言うのは、ある意味、以外でした。イメージとしては「札幌+1」位の重さなんでしょうかねえ。香港って。

|

« フジキセキ産駒史上最強馬 | トップページ | m( _ _ )m »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/4608496

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感:

« フジキセキ産駒史上最強馬 | トップページ | m( _ _ )m »