« 夏への扉 -第2章 メイショウサムソン- | トップページ | やきとりンピック »

2007年7月26日 (木)

夏への扉 -第3章 アドマイヤムーン-

私にしては、タイムリーな話題で。

既報の通り、アドマイヤムーンのゴドルフィン移籍が、ほぼ正式合意とのこと。40億が妥当な額かどうかは、あと数年してみないと分からないので、コメントしませんが、重要なのは、それだけのオファーをモハメド殿下に決意させたということなのでしょう。

画期的であるのは、私が言うまでもないことですが、非常に意義深い出来事と思います。日本で生産され、日本での競走を経て、海外に転戦、その実績と血統的な価値からのオファーです。

ゴドルフィンのアメリカ志向の高まりから、先般のユートピアのトレードに続く、今回の件。アメリカの主流血脈であるミスプロ系の中でも傑出した拡がりを見せるフォーティーナイナーの系統の、日本における最良な競走馬2頭をトレードし、恐らくは、アメリカでの種牡馬入りとなるように思うのですが、そんな中でも、数年でも、ダーレージャパンでのスタッドインも充分に視野に入れての行動ではあると思います。

まあ、単純にここ数年の、とりわけ今年のゴドルフィン陣営の深刻な不振による若干の焦りも、この金額には影響を及ぼしてもいるのでしょう

何はともあれ、オーナーサイドの契約条件となる天皇賞秋への出走が、どのような形となるのか、その形態、過程なども大いに注目されるところです。

また、ナドアルシバ、シャティンでの実績や宝塚でのパフォーマンスを見る限り、欧米の芝コースにも一定の適性を感じますし、私個人としては、チームゴドルフィン入りしたアドマイヤムーンの行方には大きな希望を抑えられません。ヨーロッパであれば、マイルから二千前後、アメリカであれば、二四まで対応可能と考えますので、狙えるレース・路線は多岐に渡ります。

また、本馬以外の馬に対しても、大きな影響があるでしょう。

まずは、天皇賞秋。

私は個人的に、アドマイヤムーンは勝てない、と踏んでいますので、この馬を破った馬の評価は上がるだろうという部分。レイティング的にも良い数値を期待しましょう。

次に、日本におけるアドマイヤムーンの位置づけから世界での能力比較において、大きな判断材料となる。それは、単純な能力比較ではなく、能力ベースと適性のバランス、とでも言いましょうか。より現実的な把握が出来るものと思ってます。

また、日本馬に対する評価が上がることで、積極的な遠征が増える。

今回のようなことがあれば、それ目当て、というような遠征を目論む陣営も出てくるかもしれません。それはそれで、結果論として、日本馬の地位向上につながれば、私は、問題視しません。関係者の品性、という部分での、問題は別次元で浮き彫りとなる可能性はありますが。

これまでの圧倒的な輸入超過だったサラブレットという種において、新しい流れが始まりつつあるのかもしれません。それは、日本の競馬界が逃してはいけない大きなターニングポイントとなるのでしょう。

って、アドマイヤムーンから離れましたかね?

|

« 夏への扉 -第2章 メイショウサムソン- | トップページ | やきとりンピック »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/7279235

この記事へのトラックバック一覧です: 夏への扉 -第3章 アドマイヤムーン-:

» ムーン、天皇賞出走条件…40億円トレード合意 [競馬バンバン:なんて美しいサラブレッド。]
超破格のトレードだ。03年のセレクトセールで、1600万円だったアドマイヤムーンの移籍に提示された金額は、日本では初めてという40億円。 [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 15時34分

« 夏への扉 -第2章 メイショウサムソン- | トップページ | やきとりンピック »