« 勝手にドバイ展望 | トップページ | 世界フィギュア総括と今後の展望(って、堅いタイトル) »

2008年3月30日 (日)

カーリング世界選手権-チーム青森の挑戦-

 今、日本代表、チーム青森の2008世界選手権が終わりました。残念ながら、メダルには一歩届きませんでしたが、大健闘の4位でした。実力的には、苦戦必死だろうと思いながらも、頑張って欲しいと、開幕戦から観戦していましたが、今回のチームは着実に勝ち抜いていって、デンマークや今回の台風の目であった中国にも勝ちを収めました。

 そして、タイブレークでの再びのデンマーク戦も勝利し、奇跡の(と言っては失礼かな^^)プレイオフ進出!

 プレイオフ最初のスイス戦での勝利でメダルが見えました。準決勝でのカナダ戦もほぼ勝利目前まで行っての大逆転を喫し、3位決定戦で、三度スイスとの対戦、強豪スイスに弾き飛ばされてしまいました。

 トリノからの俄かファンですが、地味ながらもBSで放送してくれたことは、非常に嬉しかったですね。実は、きっちり全日本選手権決勝なんかもチェックしていたので、今回も楽しみにしていました

 いやあ、惜しかったなあ!中国とのアジア決戦も見てみたかったんですけどねえ。予選では勝てていたし。でも十分カーリングの楽しさを再認識させて頂きました。トリノでもとても興奮しましたが、今回も強豪ぞろいの中、チーム青森は果敢に勝負を挑み、大健闘でした。

 スタッツ的には、トップレベルの選手たちには、若干劣るものでしたが、チームとしてのまとまりで多くの勝利を手繰り寄せる戦いぶりは、カーリングの真髄を見せられた思いです。そんな中、マリリンこと本橋選手のサード選手の中でのトップレベルの成績も素晴らしいの一言でした。

 今回の成績は、バンクーバーの出場権に大きく近づくものとなりました。来シーズンもチーム青森を応援していこうと思いながら、NHKさん放送してね、と思うHorseplayerでした。

|

« 勝手にドバイ展望 | トップページ | 世界フィギュア総括と今後の展望(って、堅いタイトル) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/11973906

この記事へのトラックバック一覧です: カーリング世界選手権-チーム青森の挑戦-:

« 勝手にドバイ展望 | トップページ | 世界フィギュア総括と今後の展望(って、堅いタイトル) »