« チーム・カジノドライヴの挑戦 -問われる日本競馬- | トップページ | ブリーダーズカップ回顧 -クロスオーバーする世界- »

2008年10月27日 (月)

凱旋門賞2008 検証2 -レースの検証-

今更ながら、今年の凱旋門賞を振り返ってみましょう。

といっても、単なる一素人の戯言。ということで、優しい気持ちで(爆)見てくだされば、重畳至極。

まあ、今年の凱旋門賞は、結局、最初から最後まで、ザルカヴァのためのものでしたね。実際、中団、ほぼ後方の位置取りから、直線馬群を割っての堂々の差し切り。 アレフランスの再来やら、30年に1頭の名馬、といった戦前の評価も、史上最強牝馬という称号に格上げされそうな状況ですね。
そのことに異論はありません。あのレースで、優勝に相応しいレースを展開していたのは、ザルカヴァ1頭だったと思っていますので。たとえ、ゲートが開く瞬間に、ゲートの係?にお尻を叩かれても。最後の直線で彼女の進路を誰も塞がなかったとしても。ホームアドバンテージの範疇なんでしょう^^

ただ。それ以降の馬。つまり2着以下については、どうでしょう?

ユームザイン、イッツジーノ、ソルジャーオブフォーチュン、ヴィジョンデタ。

どれも弱い馬ではありませんが、取り立てて強い馬とも思えません。

そして、これらの馬は、殆どが先行して、粘り込んだ馬達です。

つまり、このレースはザルカヴァを除いて、前残りのレースだったということですね。直前の雨等で馬場が悪化していた可能性も十分考えられます。勿論、その中でも差し切った(それも、余力残しで差し切った)ザルカヴァは次元が違うのでしょうが。

それと、馬場が悪化したことで、デュークオブマーマレードの力が削がれた事も大きく影響していると思いますし。

こう考えると、今年の凱旋門賞のレースとしての評価としては、さほど高いものという判断は出来なさそうです。

そして、レーティングでは、ザルカヴァの凱旋門賞で127、セックスアローワンスで130というもの。これは妥当な評価だと思います。普段、首を傾げたくなるようなレーティングの付く事も多いのですが、今回は、とても妥当なものだったと思います。

非常に平均的なレースに、一頭スーパーホースが混じっていたそんなところでしょうか。

|

« チーム・カジノドライヴの挑戦 -問われる日本競馬- | トップページ | ブリーダーズカップ回顧 -クロスオーバーする世界- »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/24370856

この記事へのトラックバック一覧です: 凱旋門賞2008 検証2 -レースの検証-:

« チーム・カジノドライヴの挑戦 -問われる日本競馬- | トップページ | ブリーダーズカップ回顧 -クロスオーバーする世界- »