« 王国化の兆し -フィギュアスケート雑感・男子シングル- | トップページ | ドロウジー・シャペロン→中山→ドロウジー・シャペロン① »

2008年12月 6日 (土)

上昇する女王 -フィギュアスケート雑感・女子シングル-

続いて女子。

ご存知のように、NHK杯は浅田選手の圧勝に終わり、女王健在をアピールして終わった。

今年も女子は日本が表彰台を独占し、その層の厚さとレベルの高さを世界にアピールできたと思う。

そこで、今シーズンを考えてみたいと思う。

--------------------------------------------------------------

やはり今季も、浅田真央vsキム・ヨナという2強体制が続くことは、決定したようなものだと思う。

シニアデビュー以来、GPシリーズでは、ほぼ無敵ともいえるキム・ヨナは、今シーズンも危なげなく、2戦とも優勝し、GPファイナルに臨む。

一方の浅田選手は、今回のNHK杯でジャンプの不安を一蹴し、女王が死んではいないことを印象付けた。

今回のシリーズでの得点を見てみると、この二人は、この下に位置するロシェット、コストナー、安藤選手、中野選手らに水をあけている。

少なくとも、GPファイナルではこの二人の戦いに注目が集まるだろう。

勿論、他の選手にも期待したいし、、順調に得点を伸ばし続けているロシェット・コストナーには、一角崩しを予想する向きもあろう。

そして、意外だったのが、アメリカ勢の不振である。層の厚いアメリカ勢だが、全体的に構成要素の完成度が低かった様に思う。アメリカの選手にしてみれば、全米選手権での戦いが激しくて、GPシリーズどころではないってところか。2枠をかけて、5、6人が(いやもっとか?)鎬を削るとんでもない状況になっている。

---------------------------------------------------------------

浅田真央選手は、今回、さらに一歩、ステージを上がった。ご存知のように、トリプルアクセルを二度(といっても、一つはダウングレードされたが)、プログラムに入れることを実現した。この意味は大きい。

このプログラムは、他の要素でもレベルを取り切れれば、200点越えが十分見えるレベルである。現在の女子で200点は、彼女以外に到達し得ない高みである。

キム・ヨナ選手は、現時点のプログラムでは、ほぼ得点は出きっている。190点台が限界なのだ。勿論、トリプルアクセルや他の加点要素を入れ込んでくれば、200点台が見えてくるが、現状、その動きは見えないし、これまでは十分に優位なポジションをキープできたが、今回の浅田選手のプログラムを観て、今後改善を考えてくるかもしれない。

安藤美姫選手の4回転は、物凄い武器になり得るが、現状、実戦でチャレンジできていないので、対抗策とはなっていない。第一、彼女は、ジャンプもそうだが、今季、他の要素でレベルを取りきれていない。完成度に難があった。勿論、GPファイナルや全日本選手権では、完成後の上がった演技を我々に見せてくれることを期待しているが。

ここに来て、不気味なのが、コストナー、ロシェット両選手だろう。二人とも、大技は無いが(と言っても、トリプルトリプルはあるが)、ジャンプを含め、各要素でキチンとポイントを確保してきている。でも、現時点、パーフェクトな演技でも190点に行くかどうか、と言ったところと想定している。

中野選手にしても、年々、各要素のグレードは上がってきているが、やはりトリプルトリプルは上位を狙う上で必須となってくるし、もし浅田・キム両選手をも凌ごうとするならば、トリプルアクセルも確実に入れ込んでこないと苦しいだろう。彼女の尋常ではない安定感、常に、一定以上の演技を見せるということの価値は、十分理解したうえで。

前回のエントリーの男子シングルでは、王国化の兆しを指摘したが、女子は現在、新しい勢力が出て来づらい状況が問題だと思う。それは、あまりにも浅田、安藤、中野というトップが高レベルで君臨している為に、上に上がってこれないのだ。

勿論、復活してきた村主選手や昨シーズンも活躍した武田選手などもいるが、得点的には、上位のビック3には、ちょっと水をあけられている。今回のNHK杯でのサプライズだった鈴木明子選手も、今回の2位は中野選手のSPでの躓きに助けられた部分が大きい為、まだ、互角と言えるほどではないか。

今シーズンや来シーズンのオリンピックなどは、怪我等が無ければ、このビック3でかなり強力な布陣が築けると思う。メダルも複数獲得すら望める状況。団体戦も欲しいぐらいの勢いだ。

しかし、その後を考えると、不安は大きい。

まだ、浅田選手は健在だろう。しかし、安藤選手や中野選手は、本人次第だが、分からない。となると、下から、次世代の選手が台頭してこないとならない。

前回も書いたが、私はジュニアの試合まで見れる環境に無いので、そちらの状況は良く分からない。先シーズン、全日本選手権などで見た若い世代の選手達も、得点的には国際舞台で戦えるレベルには、まだ達していないように見えた。

このあたり、暮れの全日本では、上位の争いと同様に、注目しなければならないだろう。

---------------------------------------------------------------

ともあれ、新たな高みに上りつつある女王と、最強の日本選手たちから、今シーズンも目が離せない。

|

« 王国化の兆し -フィギュアスケート雑感・男子シングル- | トップページ | ドロウジー・シャペロン→中山→ドロウジー・シャペロン① »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ものすごい誤字&脱字&文章力の無さですね。

投稿: あの | 2008年12月 6日 (土) 07時25分

コメントありがとうございます。

って、言う必要も無いかな^^

まあ、誤字脱字に関しては、一応気を付けてはいるつもりなんですがね。申し訳ない。

でも、今回ありました?
ごめん、気が付かなかった。

文章力は、如何ともし難いですねえ。
思ったことをただただ書き連ねているだけだし。
こちらは、反論する気にはならないや。
別に、素晴らしい文章力があるとも思っていないし。
でも、見てくれて、感想書いてくれたことには敬意を表するよ。

投稿: Horseplayer | 2008年12月 6日 (土) 11時56分

追記

いやあ、あのさん。

一箇所誤字、見つけました^^
「(誤)意外 → (正)以外」
ありがとうねえ。参考になりました。

あと、もしかして、これを勘違いしているのかな、と感じたところがあって。

「トリプルトリプル」って表現が、「トリプルアクセル」と間違っているって思われちゃったかなあ、なんて。

ごめんね。

「トリプルトリプル」はコンビネーションジャンプの「3回転-3回転」を意味していて、トリプルアクセルとは違うんだ。

分かりにくい表現だったようで申し訳ない。
その点は、認めるよ。

でも、スケート見てる人なら、まして、コメントする人なら、分かるかなあ、と思ったんだけど。
違ったみたい。
今後気をつけます。

投稿: Horseplayer | 2008年12月 7日 (日) 01時04分

初めまして。
Horseplayerさんの文面好きですよ。
これからも楽しみにしてますので気の向くまま頑張って下さい!

投稿: ザック | 2008年12月 8日 (月) 21時41分

ザックさん

始めまして(爆)
もとい、初めまして!

いやあ、久しぶりに、会話の出来る方のコメント嬉しい限りでございます。なんか読んでくれてる方がいると分かるとテンション上がりますねえ。
ありがとうございます。

まあ、非常に気ままな人間ですので、中々定期的にアップできないかもしれませんが、そんなときは、あいつ最近飽きてきたな、とか思いつつ、気長にお待ち頂けると、ありがたいです。

ちなみに、私は褒められると伸びる人間ですので(爆)、そのような感じで^^。

今後とも、気が向いたら、お付き合いください。
m(_ _)m

投稿: Horseplayer | 2008年12月 8日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/25913146

この記事へのトラックバック一覧です: 上昇する女王 -フィギュアスケート雑感・女子シングル-:

« 王国化の兆し -フィギュアスケート雑感・男子シングル- | トップページ | ドロウジー・シャペロン→中山→ドロウジー・シャペロン① »