« 競馬場でEeePCを使ってみた in 福島競馬場 | トップページ | 警察・司法の汚点 -高知・白バイ事件- »

2008年12月 1日 (月)

久々に馬券が当たった男が、調子に乗って偉そうにジャパンカップを回顧してみる

ということです。

いやあ、本当に久しぶりに馬券が当たりました。当たりました、と言える馬券が当たりました。JC三連単。

まあ、そんな訳で、偉そうに、JCを語ってみようという、余計なお世話。

さて、私は以前にも記したとおり、血統ビーマーであり、M使い(正式な名称を知らない。ご存知の方いたら、教えて)でもあります。ということで、今回のJCを振り返ってみようと思います。

「JCとは、鮮度とリズムと母父SS」

えー、終わり(爆)。

やはり、以前から言われていた通り、鮮度(フレッシュさと異端ローテ)が最も重要なレースと言うことですね。

最近は、そうでもなくなっていた所があり、多くの方が、忘れていたようですが、再認識させられました。

-----------------------------------------------------------

1着 スクリーンヒーロー

アルゼンチンからの異端ローテーション。この秋の重賞はこの一戦のみ。復帰戦から条件戦やオープンの特別という軽いところで連対して、リズムを上げた。

非G1の重賞を勝って、ここに臨んだのは、3頭のみ。

スクリーンヒーロー(1着)、マツリダゴッホ(4着)、トーホウアラン (9着)。

明らかに、東京不向き(と思われた)マツリダが4着に粘りこんでしまうというのも、リズムや疲労の差だろうか。

密かに期待したトーホウアランは、秋重賞2戦。そのどちらも連対していたのでは、疲労もさることながら、ダンス産駒特有の飽きが来てしまったのか。圏外。

G1を使っている組が、好走すれば、疲労、ストレス。惨敗すればリズムを崩す。という難しい状況に置かれているのを尻目に、スクリーンヒーローは突き抜けた。

また、血統ビーム的には、この東京開催における母父SSの好走確率の高さは、尋常ではなかったと言う要素は大きい。

このレースでの母父SSは、3頭のみ。

スクリーンヒーロー(1着)、アサクサキングス(8着)、トーセンキャプテン(15着)。

明らかに、能力でもリズムでも劣っていたトーセンは、さておき、アサクサキングスの失速は、前走負け過ぎもあろうし、単純にスローの上がり勝負に向かない自身の特徴も影響したのだろうと思う。

実は、馬単はトーホウとアサクサ頭で買っていたので、余計に身に沁みる^^。

------------------------------------------------------------

2着 ディープスカイ

3着 ウオッカ

天皇賞でのダスカも交えての死闘も、記憶に新しい2頭のダービー馬。

ただ、そもそも前哨戦を消化しての天皇賞で、あれだけの接戦を演じ、しかも、レコード決着というオマケつきの馬が圧倒的人気では、頭には出来ない。

それでもこの着に来るあたり、やはりダービー馬ということか。まあ、瞬発力があるで片付けてしまいたくないという気持ちもあるし。

しかし、ディープスカイという馬は、私の想像よりも強い馬でした。申し訳ない。明らかに、後ろ過ぎる位置からの進出ですので、レース後に一番強かったのはこの馬的な意見が出てくるのは、しょうがないかな、と。とは言え、その位置に居てしまったということの限界が言われないのは不公正でしょうね。タキオン産駒の精神的な健全さ(非常に安定した成績)も覚えておく必要はありそうです。ダスカとともに。

ウオッカはやはり、前走の激走の影響があったのでしょう。それでも最後に、マツリダを差し返したのは、底力というべきか、岩田の腕力と言うべきか。

----------------------------------------------------------

4着 マツリダゴッホ

既に述べたが、オールカマー1着からの直行。リズムのよさに加え、今期G1を使っていないアドバンテージは大きかったと言うことだろう。それと、脚質が先行というのも大いにプラスに作用した。

-----------------------------------------------------------

5着 オウケンブルースリ

菊花賞1着から。やはり菊花賞という長距離戦、しかも、前走の後方からのマクり一発なレースは、相当疲労がたまると思う。父ジャンポケが、自身の父程、疲労耐久力が高くないような気がすることからの懸念もあった。

それでも最内枠からの出走で、何とか粘れたか。

-----------------------------------------------------------

6着 メイショウサムソン

単純にピークを越しているということもあろうし、瞬発力に長けたタイプでもない。

今回のレースには合わなかった。とは言え、石橋とのコンビは、やはりしっくり来る。

--------------------------------------------------------------

とか、偉そうに言っておいて。結局、馬券は、ディープスカイ、ウオッカの2、3着固定で頭に薄目を流す、というある意味、弱い買い方。

流石に、あそこまで綺麗に嵌るとは思えなかった。それをデムーロマジックで片付けると、進歩しないようにも思うが。

|

« 競馬場でEeePCを使ってみた in 福島競馬場 | トップページ | 警察・司法の汚点 -高知・白バイ事件- »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/25820515

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に馬券が当たった男が、調子に乗って偉そうにジャパンカップを回顧してみる:

« 競馬場でEeePCを使ってみた in 福島競馬場 | トップページ | 警察・司法の汚点 -高知・白バイ事件- »