« 2009年1月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年3月29日 (日)

DUBAI WORLD CUP DAY

もう、今、このエントリーを書いている時点で、ゴールデンシャヒーンが発走間近だが、流石に、バンブーエールには荷が重いように思う(頑張って欲しいけど)。

ということで、ウオッカとカジノドライヴの好走を期待したい。どちらも実力的には、申し分なし。

デューティーフリーは、かなりレベルの高い面子が揃って豪華なレース。ジェベルハタのような武豊スペシャルを披露しなければ、勝ち負け。

そして、カジノドライヴ。今回のメンバーは、かなり薄い。これなら勝っても不思議ではないメンバー構成。流石に、このメンバーだと勝っても、それほど評価はされないとは思うけど、勝つことに意義がある。

状態も問題なさそうで、悔いの残らないレースをお願いしたい。

という内容を書いていたら、バンブーエールが4着。

評価の難しいところだが、これまでの日本馬最先着ということは素直に喜ぼうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

WBC JAPAN BACK TO BACK!!!

相変わらずの遅レス振り。

WorldBaseballClassic JAPAN Back to Back !!! 祝二連覇

しかし、ファイナルは、ちょっとない位のグレイトゲームでした。

まあ、日本の残塁の山が、これまでの試合同様に嫌なイメージを想起させたりした部分もありましたが、今回に関して言えば、岩隈の好投により、これまでの試合よりは、安心感はありました。

その要因の一つは、漸く、韓国投手陣に対する対策と攻略が最低限出来たという部分。勿論、韓国投手陣の出来が、今大会の対戦の中で、一番出来が悪かったのも大きかったですけどね。

とは言え、そのような状態であっても、懸命な投球と集中した守備でより多くの点を与えなかった韓国の素晴らしさを称えるべきかもしれないとも思っていた。今回、オールプロとなってからの日韓戦で、初めて韓国チームを賞賛したい気持ちになった。まあ、相変わらず、試合以外の部分でのいけ好かない言動については、もう期待すらしていないことに変わりはないけど。

というような、直接的な要因はありつつも、他のブログやサイトでも言及されていたし、私も前々から思っていたことだが、日本と韓国の選手層の厚さの差が、ここに来て現れたということだろうと思っている。

基本的に、球界単位でのレベルということであれば、何の問題もなく、日本のほうが韓国よりも上にあることは間違いない。しかし、こと代表チームという単位、或いは、各個人という単位で見るとき、日本と韓国のトップ選手のレベルには、殆ど差はなく、同等なのであろうということも、それこそ数大会前のオリンピックなどから分かってはいた。

今大会においても、少ないながらも、高いレベルの選手が、自分の力を最大限に発揮しながら、チームとして非常に有機的に動けていたと思う。これまでの4試合で、日本に通用する選手、しない選手というのが、はっきりして、のファイナルだったのですが、韓国が優勝するには、9回裏のサヨナラ勝ちしかなかっただろうと思う。あそこで、同点どまりだった時点で、勝負は決した。

もう10回には、韓国に抵抗する力は残されていなかった。ピッチャーもイム・チャンヨンしか残っていなかった(実質的にね)し、仮に10回は抑えられたとしても、その後は…。打撃陣も、全選手を使いきり、中心選手が退いてしまっては、チャンスすら生み出せなかっただろう。対して、日本は、ダルビッシュの後も、涌井や山口、小松といった選手が残っていた。この差は大きい。

私も、この大会のシステムの問題点は、十分感じていて、韓国と五回も対戦するということにうんざりしていた口である。しかし、結果的には、今回、五度対戦する中で、選手・スタッフの中で、韓国チームの個々人の特性、チーム戦術といった部分の把握は、かなり進んだのだろうと思えることは、このシステムのおかげとも言える。

つくづく、このWBCという大会は、前回、今回と、日本代表にとって、良い巡り合わせになっている。

それを運が良いという言葉だけで、片付けてしまうのは、ある意味、彼らのキャリアを掛けたチャレンジに対して、礼を欠く姿勢かなとも思う。

素直に、おめでとう。そして、ありがとう。

でも、まだ言いたいことはあるので、もう一つか、二つ、エントリーすると思うけど。

しかし、もうフィギュアの世界選手権は始まっているし、F1も開幕、週末には、ドバイWCデー&高松宮記念。野球もNPB&MLBの開幕はもうすぐそこ。私のMLBファンタジーもスタートする。忙しい限りで、書きたいことは事欠かないが、書きたいことが多すぎると、整理しきれず、書かずじまいということも多いので、要注意。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

WBC 優勝!!! …疲れた…でも、嬉しい!!!

いやあ、素晴らしい結末でした。

今日は、全休にして、試合の間だけ家に帰るというスチャラカ社員振り全開で臨んだ訳ですが。

観てるだけで、疲れました。というか、試合終わりで、会社に戻るときとか、足攣ってた!

ありえん。

試合本体とか、大会については、次のエントリーにて。

いや、疲れた…でも、心地良い疲れですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年8月 »