« 2009年3月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年8月24日 (月)

夢(か?)の終わり

えーと、ブエナビスタ。凱旋門賞挑戦断念。
ま、このオチも見えてましたが、その通りになると腹立たしい。

しかし、あいも変わらず、お忙しいことで。
どうして、競馬のプロである彼らは、同じようなことを繰り返すのだろう。
理解に苦しむ。というより、呆れてものも言えない。

「○○の結果次第で遠征」という発言は、遠征しないフラグがたった証拠であると
以前ブログに書いたことがある。
これまで、松博師が散々吹いた挙句に、「勝ったらという条件だった。“勝ちに等しい”じゃあかん」とか、
能惨ファームのお頭が「負けたら行くつもりはなかった。(放牧時から)馬体が減っていたし、輸送も心配」とか
後から言うなよって感じですが… ハイハイ (´。` ) =3

ディープスカイもぶち上げた挙句に連敗で(こちらは屈腱炎で引退なのでしょうがないんですが)、遠征取りやめましたし。

私も流石に、「凱旋門賞挑戦!」とか言われても、最初から飛び付く気にはなれなくなりました。鍛えられました。どうもありがとうございます。
(○○さんじゃないですが)「どのような遠征プランをお持ちでしょうか?」と確認してからじゃないと、何も言えないし、自分の中で盛り上がることもありません。
ということで、ディープインパクトの遠征詳細がはっきりしてから、こっち(長いねえ)。
そういった意味では、盛り上がっておりません。_| ̄|○

あ、うそ。

カジノドライヴのベルモントSの遠征プランは盛り上がりましたね。(ピーターパンS→ベルモントS)
あと、ダイワスカーレットのドバイWCの遠征発表時のほんの一瞬とか。

後は、それなりです。
盛り下がるのは、特に、凱旋門賞関連。
①ディープインパクトの凱旋門賞直行
②サムソンも結局凱旋門賞直行
③ディープスカイ、春無敗で凱旋門賞遠征発表
④ディープスカイ、結局断念
④ブエナビスタ、札幌記念→凱旋門賞のローテ発表
⑤ブエナビスタ、札幌記念2着で、あっさり断念

もういいですか?

行く気がないなら、最初から言うな!
行く気があるなら、本気で獲りに行け!

だから、日本の競馬は、人が五流なんですよ。
馬は、かなり一流に近づいてきているにも関わらず。

以前、ディープインパクトの遠征前後に、須田鷹雄氏が、「これから様々なアプローチが試みられ、その積み重ねの中で、凱旋門賞遠征、制覇につながる」というような趣旨のコラムを書いていた。
私もその通りだと思ったものだが、その後、日本競馬は、様々なアプローチを行っていない。
サムソンはディープの遠征をなぞっただけであり、その後は、以前のイクイク詐欺に逆戻り。

真剣に獲りに行く姿勢が微塵も感じられない人々に、熱くはなれないんですよ。
勘弁してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わり

菊池雄星の、花巻東の、東北の夏が終わった。
想像したくなかったが、想像しうる最悪の形で終わってしまった。

これも高校野球。
これも甲子園。

でも。

残念でした。

間違いなく、この大会は、花巻東の大会でした。

菊池投手だけではなく、チーム全員の大会でした。

お疲れ様でした。

まだ、東北には、優勝旗は辿り着きません。

私が生きている内に、その光景は見られるのかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

甲子園における物語の行方

物凄い試合だったと思う。
そして、花巻東というチームの強さを再認識させられた試合だったと思う。

勿論、明豊の強さがあって初めて、この好試合が存在したことは言うまでもないことですが。

甲子園の始まる前に読んだコラムに、「甲子園で優勝するには、物語が必要だ」というようなことが書いてあった。

東北のチームにとっては、優勝旗を白河の関を越えて持ち帰るという究極の目標・悲願がある。
これまでの幾多の名チームが準優勝の位置で涙を飲んできた。
磐城・三沢・東北・仙台育英、そして、花巻東。
今回の花巻東には、そんな東北のチーム、東北人の想いが重なっている。

勿論、各チームに様々な物語があったことは承知している。しかし、それを置いても、我々には、その想いがある(他の地区の方々、ごめんなさい)

そして、前述のコラムでは、「甲子園での戦いの中で生まれてくる物語も重要な要素だ」と語っていた。
緒戦でのHR3本献上や、その後の打撃陣の踏ん張り、そつのない走塁や勝負強い打撃。
そして、今日の菊池投手の途中降板。その後の逆転を許した後の同点、逆転の攻撃、後を受けた猿川投手の粘り強さ、etc…

このチームは何かを持っている。

何かを持っていると、周りに感じさせるオーラがある。

勿論、それは運や流れだけで彼らが持ちえたものではなく、これまでの彼らの努力の結果、掴み得たものなのだろう。

だからこそ、今大会、毎試合のように好試合を戦い、尚且つ、それに勝利してきた。

あと二つ。

それは、一つ一つ、積み重ねなければならない道のりなのだと承知している。

しかし

あと二つ。

菊池君の状態が非常に心配だが、私は、そして、多く人々が同じような想いを、祈りを持っているのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年11月 »