« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月31日 (木)

終わりと始まり

今更ながら、一応、年越し前に、語っておこうという趣向。

フィギュアスケート全日本が終わった。
ご存知のように、浅田選手の華麗なる復活劇で幕を閉じた女子シングル。
そして、オリンピック代表は、浅田、安藤、鈴木の三選手となった。
オリンピック代表の座を自ら掴み取った皆さんには、心からの祝福を送りたい。

しかし、前のエントリーで記したように、毎年のように全日本は点数がインフレしていて、基準が分からない。
まあ、その順位が入れ替わるような疑惑の判定、のようなものは(個人的には)感じられないので良いのだが、国際大会との整合性というか、演技の絶対的な評価基準が掴めず、困惑するのも、また事実だ。

第1位 浅田真央 選手

 素晴らしい復活だったと思う。特定の誰かを応援するというスタンスを持たない私ですら、かなり感動してしまったのだから、真央フリークの方々には、その感動は如何ばかりかと思う。とは言え、彼女が普通にやれば(これが難しいというのは大前提ですが)、この程度の演技にはなるだろうと、私のような捻くれ者は考えてしまう。
しかし、今シーズンの混乱振りは、彼女にしてみれば、初めての経験だったと思うし、私は最悪、彼女が代表に入れない事態も想定していたので驚嘆した。
私の勝手な憶測だが、彼女は練習もしたのだろうが、開き直ったのではないかと思う。
昨シーズンまでの一連の流れ、世界選手権での結果などは、キム・ヨナとの暗闘(私は敢えてこういう言い方をしておく)の中でのものだと思う。実際、私は浅田選手がキム・ヨナに敵わないなどと思ったことは一度もないが、現実は悪夢のような結果を彼女に突きつけた。
今シーズンの混乱もその影響なのだ、と私は思っている。
しかし、この状況で、逆に彼女は自分自身を取り戻すことに集中できたのではないか、と思うのだ。「人は関係ない」と。
私はその姿勢は正解だと思う。
彼女には、伸びやかなスケーティングとトリプルアクセルに代表される華麗なジャンプがある。それを堂々と披露すればいい。それをジャッジする人々にどう評価されようとそれは関係ない。
実際今回も、SPはトリプルアクセルをDGされていたが、彼女の演技の素晴らしさは十分に伝わったし、得点にしても(全日本の甘甘採点とは言え)かなりの高得点を得られた。FSでもPCSの点数はちょっと出し過ぎな感はあるが、今回の優勝者であるということは概ね間違いないと思う。国際大会に行けば、簡単には200点は出ないが、彼女のスタイルを貫き通すことが出来れば、自ずと結果は付いてくるだろう。

第2位 鈴木明子 選手

 先シーズンから表舞台に登場してきて(私がブロック予選とか、中規模の国際大会とか観てないので)、今シーズン一気にブレイク。今シーズンのプログラムの質の高さは見事だと思う。特に、FSのウェストサイドストーリーは名プログラムだと思う。こんなプログラムに、このオリンピックシーズンに出会えたのは、彼女がを乗り越えてきた苦悩の日々に対する天からの贈り物なのかもしれない。
 今回出場権を事実上争った中野選手の上を行った2位を獲得したことで、胸を張ってオリンピックに向かえるのではないか。
 私も、多くの方同様、今シーズンの彼女のスケーティングに魅了されてきたし、彼女がオリンピックに出場することに異議を唱える人はいないだろう。フィギュアスケートを諦めざるを得ないようなどん底から立ち上がってきた彼女の目は、どこまでもまっすぐで力強い。是非ともあの素晴らしいウェストサイドストーリーをバンクーバーで世界の人々に魅せつけて欲しい。

第3位 中野友加里 選手

 …彼女にとって、そして彼女を応援する人々にとって、非常に厳しい結果となってしまった。今回の演技は、SP、FSともに、完璧ではなかったかもしれないが、それでも今の彼女が望み得る質の高い演技だったと思う。結局、前回同様に彼女がオリンピックに出場出来ないという現実は、あまりにも厳しすぎ、悲しすぎる。4年前に颯爽と登場してきた彼女は、間違いなく、この4年間、女子シングルで日本の牙城を死守して来てくれたアスリートの一人であることに間違いない。恐らく、彼女の選手としての人生において、オリンピックに出場することはないのだろうが、それでも彼女のスケート人生が敗残者のものとは私は思わない。間違いなく、世界の数少ないトップスケーターの一人として、世界選手権に全力を注いで欲しいと思う。私はその姿を目に焼き付けたい。

第4位 安藤美姫 選手

 彼女にとって、この大会は実はやり辛い大会だったのかな、と終わってから考えてみた。
 自分ひとりオリンピック出場が確定している中、他の選手達が凄まじいプレッシャーに耐えながらしのぎを削る。そんな各選手の熱量に気圧されてしまったような2日間の演技だった。大会前には、気楽に演技できるとか、オリンピック本番に向けた予行演習とかそんな風に勝手に考えていたが、流石に、そういう雰囲気ではなかったようだ。今回の演技を受けて、彼女の代表入りに異議を唱える人が、チラホラいるようだが、私はその意見に与しない。
 そもそも代表選考などというものは、どのような形を取ろうとも異論はあるもので100%全ての人が納得できるやり方、結果などない。その中で定められた選考基準をクリアした彼女はれっきとした代表選手である。
 また、ポテンシャルにおいても、メダルを狙う日本の中において、浅田選手に次ぐ候補(場合によっては第一選択肢たり得る)であることに変わりはない。オリンピックまでに完全な調整をお願いしたい。(偉そう?すみませんm(_ _)m)

もろもろ言いたいこともあるのだが、今回はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月13日 (日)

阪神JFプレビュー

調子に乗ってプレビューして見ようという趣向。

出走馬を一頭ずつ見ていこうと思う。

1番 メイショウデイム
 前走 京都芝千四500万下、1着。京都千四は、千六G1のプレップとしては、かなり軽すぎる。しかも、千四以外の経験が新馬戦の1戦のみというのもマイナス材料。

2番 ジュエルオブナイル
 前走 小倉2歳S、1着。千二重賞を勝っている時点で精神構造がしっかりしている。前走から間隔を開けることで、延長になるつらさを軽減している点も、血統的にもC要素強そうで好感。

3番 モトヒメ
 前走 福島2歳S、1着。千二勝ちが悪くないが、前走バウンド短縮を決めて勝ったことで、ストレスが高い。千二の記憶が近すぎることで、延長は負担になる。 

4番 パリスドール
 前走 兵庫ジュニアG、10着。ダート経験は悪くないが、流石に、勝ち鞍が小倉の九州産馬限定戦の2戦のみでは、静観するのが妥当。

5番 サリエル
 前走 京都ダ千二500万下、2着。ダートから芝のショックは有効。小倉2歳S4着なら、芝適性自体は十分だが、いかんせん距離経験が千二のみでどこまで。理想の形でせいぜい着争い。

6番 アニメイトバイオ
 前走 京王杯2歳S、2着。牡馬相手の重賞実績は強調できるが、ここ二戦の千四での強さが逆にここでのマイナス要因となる。しかも、前走はほぼ最後方からの追い込み。ストレス疲労は甚大。力は認めるが。

7番 ラナンキュラス
 前走 ファンタジーS、4着。全三戦が千四というのはマイナスだが新馬戦は多少摩擦のある阪神。また、前走は先行しての敗戦。人気を裏切ったことでストレスを解消していることでも、多少チャンスがある。前走で千四のトップレベルでの弱さを見せたこともプラスに働くか。

8番 タガノエリザベート
 前走 ファンタジーS、1着。京都千四、その中でも最もレベルの高いファンタジーSを最後方から差し切ったことの意味は大きい。そのストレスの大きさ、千四適性の高さ、追込み馬の延長。人気を背負って挑む千六G1で勝ち馬として考えることはナンセンス。能力で着を確保することはあり得るが。

9番 カスクドール
 前走 白菊賞、10着。千六からの臨戦過程は良いが、同じ千六のG1を戦うには、10着はリズムが悪すぎる。

10番 タガノパルムドール
 前走 京都芝千六新馬戦、1着。千六の新馬勝ちからの臨戦過程は、非常に有利。とは言え、経験の無さは大きく、大敗もありうる。

11番 ステラリード
 前走 ファンタジーS、6着。前走ちょっと負けすぎな感はあるが、函館2歳S勝ち馬の休み明けとしては、ギリギリの線か。千二実績はアドバンテージ。能力は足りる。

12番 タガノガルーダ
 前走 白菊賞、4着。直前の千六で4着は微妙だが、過去4戦、全て違う距離(千、千二、千五、千六)という経験は、アドバンテージになる。あくまでも、繰り上がりの候補だが、面白い。

13番 グローリーステップ
 前走 白菊賞、6着。直前の千六、しかも条件戦で6着は、良くない。その前の千四で2着、新馬千二で1着。強調できない。

14番 カレンナホホエミ
 前走 福島2歳S、12着。ここ二戦のリズムが悪すぎる。巻き返す要素も見当たらない。

15番 ベストクルーズ
 前走 ファンタジーS、2着。ファンタジーS連対馬のつらさは言うまでもないし、千六からの短縮を仕掛けての連対だけにストレスも心配。ただ、悩ましいのは、様々な距離経験がある点と、前走先行している点。ファンタジーS好走から、このレースで連対出来た馬の特徴は先行脚質だった点。ストレスに耐えられるか。

16番 シンメイフジ
 前走 新潟2歳S、1着。千六重賞勝ち馬は有利だが、直線一気の超追い込みはストレス心配。とは言え、間隔を取ったことで、どこまで解消出来るか。また、戦績で千二勝ち、千四負け、千六勝ちという形から、根幹適性は高い。

17番 メルヴェイユドール
 前走 白菊賞、7着。直前の千六条件戦で7着は厳しい。その前も強調できる過程でもなく。

18番 アパパネ
 前走 赤松賞、1着。前走千六500万下勝ち馬は、リズムと疲労抑制が両立できる良ローテ。しかし、前走レコードは如何にも余計。耐えられるか。とは言え、千六二戦二勝は有力だし、その二戦で差し、先行と違うレースを経験していること、千八も経験していることは強調材料。

ピックアップ

ジュエルオブナイル
ラナンキュラス
タガノパルムドール
ステラリード
ベストクルーズ
シンメイフジ
アパパネ

多い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

ジャパンカップダート回顧(してるか?)

久しぶりに、馬券が大爆発。(三連複、三連単的中)
確実に言える事は、私のグローバルリズムは、今、不安定期だということ。
なるべく落ち込み部分を少なくしようと思うが、思うようにはいかない^^。

ともあれ。
1着 エスポワールシチー
彼の強さのみが目立ったレースだった。
自分でレースを作って、追走するグループが沈んでいく中、悠々とゴールした。前走の南部杯以上に強かった。無事に行けば、これから彼のダイナスティが始まるのだろう。
私もここはまず負けないだろうと1着固定だった。

2着 シルクメビウス
今回のレースのポイントは、世代交代だと思っていたので、相手には3歳馬。特に、亀谷先生の差しが決まりやすい馬場状態という指摘を重視して、対抗に選択。只今、田中博康株が急上昇中。

3着 ゴールデンチケット
ルメールありがとう^^。ブロッケンが3着じゃ、三単で10万以上違ってくる。
それは置いても、短縮の威力。位置取りショック。更には、芝適性によるプラスアルファも手伝ったと思う。
今回の1~3着馬は芝の要素を持っていた。言い換えるとサンデーサイレンスって事ですけどね。
この阪神ダート千八というコースは、年間通して、サンデー系に有利なコースであった。今回の結果はそれをダイレクトに反映した結果だったとも言える。

8着 ヴァーミリアン
ついに、彼の時代は終わったんだろう。前走で接戦を演じたマコトスパルビエロに先着している辺り、現在の彼の力は出し切ったと思う。2、3着馬とほぼ同じ位置から伸び切れなかったのは、限界だと思う。
後は、東京大章典でラストランを飾り、種牡馬として新たな戦いに漕ぎ出して欲しい(って、なれるのか?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

グランプリファイナルからオリンピックへ

いずれにせよ、まともに見れたGPファイナルであったことは間違いない。
織田、安藤両選手には、オリンピック内定おめでとう。

素人目で思い付いた事をつらつらと…。ただし、まだ、ジャッジペーパーを見ていないので、大枠で書いて見る。

<男子>
SP、FSと緊張感のあるレベルの高い演技の応酬で非常に見ごたえのある試合だったと思う。
特に、今回表彰台に上ったライサチェック、織田、ウィアーといった選手は、ほぼミスのない演技でオリンピックに向けて自信を深めることが出来た大会ではなかったか。

中でも織田選手。
今シーズンの強さをこの大会でも遺憾なく発揮できたことはこれまでの彼の殻を破れたようにも思う。これで本当にメダルを争う選手の列に本当に加われたのでないだろうか。
日本代表は3枠。今回で内定が取れなくても、十分代表を勝ち取る力はあったわけだが、これでオリンピックだけに照準を合わせることが出来ることもかなり強力なアドバンテージとなるだろう。

そして、高橋選手。
とにかく残念なFSだったが、それでも私は全く悲観していない。
昨日のSPは圧巻の演技で、復活を高らかに宣言したものだったと思うが、私は今日の演技を観て見るまではっきりと判断は出来ないと思っていた。
やはり圧倒的に滑り込みが足りないだろうし、試合でのスタミナ不足は多くの大会を経ない限り、解消されないものだろう。今回も含め、疲労を残さない程度に数をこなすしかないと思う。
今回は、私の心配以上に崩れてしまったが、それでも昨日のSPだけでなく、今日の演技でも彼の輝きは感じ取ることは出来た。
私は彼がこのステージに、このレベルでオリンピックを前に戻ってくることが出来たことに喜びを感じている。
そして、彼なら全日本を勝ち抜き、オリンピックの舞台でベストの演技を見せてくれることを信じている。

そして、オリンピックには、このメンバーだけでなく、復活のプルシェンコ、ランビエール、更に、間に合えば、ジュベール。また、パトリック・チャンなども含めた選手が争うことになる。レベルの高さは近年でも稀にみるものになると思う。
今から楽しみで仕方がない。
その中で日本人選手が表彰台に立てたなら、その感動は計り知れない。


<女子>
以前のエントリーでも書いたように、キム・ヨナの出場する大会では優勝は決まっている。
GPファイナルごときの優勝の行方に一喜一憂するつもりもない私は、今回の結果自体には驚きはない。
あるとすれば、流石に点数操作も大げさにはしにくい状況になってきたのか、或いは、今回のみのガス抜きなのか判断の難しいところだな、といった辺りか。

優勝 キム・ヨナ
再三言っているようにここは指定席。
しかし、今回の総得点は188点台。これまでの銀河点に比べれば、実状に近づいた点数だが、それでも高すぎる。
せいぜい今回の演技では、170点台から180点に届くかどうかといいた辺り。(まあ、これでも高すぎるという意見もあろうが…)
この点数では彼女も安穏としていられないものではある。実際、今回も安藤選手がトリプルトリプルやダブルアクセルからのトリプルなどを決めていれば、勝てなかった計算になるのだから。
とは言え、彼女は今回かなり質の低い演技をしていたにも拘らず、安藤選手や浅田選手などがベストの演技をしたときと同等の点数を得ているわけで、これで彼女がノーミスで演技を終えてくれば、また銀河点が出てくる可能性は非常に高い。
やはり来るべき、バンクーバーの女子シングルは、銀メダル以下を争う興味を削がれる大会になってしまうのだろう。残念ながら。

安藤選手は二位でオリンピック内定。
今シーズンの不完全燃焼を払拭する演技だったとは思う。勿論、いくつかの不満点が本人にもあったのだろう。そういった部分がクリア出来ていれば、今回の優勝も可能だったという結果からも彼女の悔しさは十分に感じ取れる。(勿論、正当な評価がなされていれば、彼女が優勝だったとは私も思うが)
とは言え、ここで内定が取れたことは、経験は十分にある彼女に取って意義のあることだろう。これで照準はオリンピック一本に出来るのだから。
あとは、コンビネーションジャンプの質を上げていければ、彼女のオリンピックは意義深いものになると思う。

初の表彰台を得た鈴木選手。
非常に素晴らしいFSだったと思う。総得点でも170点を超えられたことは全日本で代表争いをするには十分な自信を得られたと思う。
昨年からの彼女の成長ぶりには目を見張らされる。年末は彼女にとってそのスケート人生を大きく左右する大一番になるだろう。

今大会の結果に立腹している方も多いだろう。
しかし、私は、キム・ヨナの存在を無視することでフィギュアを楽しむことが出来る自分を今回は発見した。
そして、日本人にしてみると、全日本選手権という大一番が待っている。
女子は、浅田選手、中野選手、鈴木選手、村主選手あたりが代表を争うことになるのだろうか。
いずれにしても、全ての選手が悔いのない演技をしてくれることを祈るばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »