« ジャパンカップダート回顧(してるか?) | トップページ | 終わりと始まり »

2009年12月13日 (日)

阪神JFプレビュー

調子に乗ってプレビューして見ようという趣向。

出走馬を一頭ずつ見ていこうと思う。

1番 メイショウデイム
 前走 京都芝千四500万下、1着。京都千四は、千六G1のプレップとしては、かなり軽すぎる。しかも、千四以外の経験が新馬戦の1戦のみというのもマイナス材料。

2番 ジュエルオブナイル
 前走 小倉2歳S、1着。千二重賞を勝っている時点で精神構造がしっかりしている。前走から間隔を開けることで、延長になるつらさを軽減している点も、血統的にもC要素強そうで好感。

3番 モトヒメ
 前走 福島2歳S、1着。千二勝ちが悪くないが、前走バウンド短縮を決めて勝ったことで、ストレスが高い。千二の記憶が近すぎることで、延長は負担になる。 

4番 パリスドール
 前走 兵庫ジュニアG、10着。ダート経験は悪くないが、流石に、勝ち鞍が小倉の九州産馬限定戦の2戦のみでは、静観するのが妥当。

5番 サリエル
 前走 京都ダ千二500万下、2着。ダートから芝のショックは有効。小倉2歳S4着なら、芝適性自体は十分だが、いかんせん距離経験が千二のみでどこまで。理想の形でせいぜい着争い。

6番 アニメイトバイオ
 前走 京王杯2歳S、2着。牡馬相手の重賞実績は強調できるが、ここ二戦の千四での強さが逆にここでのマイナス要因となる。しかも、前走はほぼ最後方からの追い込み。ストレス疲労は甚大。力は認めるが。

7番 ラナンキュラス
 前走 ファンタジーS、4着。全三戦が千四というのはマイナスだが新馬戦は多少摩擦のある阪神。また、前走は先行しての敗戦。人気を裏切ったことでストレスを解消していることでも、多少チャンスがある。前走で千四のトップレベルでの弱さを見せたこともプラスに働くか。

8番 タガノエリザベート
 前走 ファンタジーS、1着。京都千四、その中でも最もレベルの高いファンタジーSを最後方から差し切ったことの意味は大きい。そのストレスの大きさ、千四適性の高さ、追込み馬の延長。人気を背負って挑む千六G1で勝ち馬として考えることはナンセンス。能力で着を確保することはあり得るが。

9番 カスクドール
 前走 白菊賞、10着。千六からの臨戦過程は良いが、同じ千六のG1を戦うには、10着はリズムが悪すぎる。

10番 タガノパルムドール
 前走 京都芝千六新馬戦、1着。千六の新馬勝ちからの臨戦過程は、非常に有利。とは言え、経験の無さは大きく、大敗もありうる。

11番 ステラリード
 前走 ファンタジーS、6着。前走ちょっと負けすぎな感はあるが、函館2歳S勝ち馬の休み明けとしては、ギリギリの線か。千二実績はアドバンテージ。能力は足りる。

12番 タガノガルーダ
 前走 白菊賞、4着。直前の千六で4着は微妙だが、過去4戦、全て違う距離(千、千二、千五、千六)という経験は、アドバンテージになる。あくまでも、繰り上がりの候補だが、面白い。

13番 グローリーステップ
 前走 白菊賞、6着。直前の千六、しかも条件戦で6着は、良くない。その前の千四で2着、新馬千二で1着。強調できない。

14番 カレンナホホエミ
 前走 福島2歳S、12着。ここ二戦のリズムが悪すぎる。巻き返す要素も見当たらない。

15番 ベストクルーズ
 前走 ファンタジーS、2着。ファンタジーS連対馬のつらさは言うまでもないし、千六からの短縮を仕掛けての連対だけにストレスも心配。ただ、悩ましいのは、様々な距離経験がある点と、前走先行している点。ファンタジーS好走から、このレースで連対出来た馬の特徴は先行脚質だった点。ストレスに耐えられるか。

16番 シンメイフジ
 前走 新潟2歳S、1着。千六重賞勝ち馬は有利だが、直線一気の超追い込みはストレス心配。とは言え、間隔を取ったことで、どこまで解消出来るか。また、戦績で千二勝ち、千四負け、千六勝ちという形から、根幹適性は高い。

17番 メルヴェイユドール
 前走 白菊賞、7着。直前の千六条件戦で7着は厳しい。その前も強調できる過程でもなく。

18番 アパパネ
 前走 赤松賞、1着。前走千六500万下勝ち馬は、リズムと疲労抑制が両立できる良ローテ。しかし、前走レコードは如何にも余計。耐えられるか。とは言え、千六二戦二勝は有力だし、その二戦で差し、先行と違うレースを経験していること、千八も経験していることは強調材料。

ピックアップ

ジュエルオブナイル
ラナンキュラス
タガノパルムドール
ステラリード
ベストクルーズ
シンメイフジ
アパパネ

多い?

|

« ジャパンカップダート回顧(してるか?) | トップページ | 終わりと始まり »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/32588723

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神JFプレビュー:

« ジャパンカップダート回顧(してるか?) | トップページ | 終わりと始まり »