« 後付け、マイルチャンピオンシップ回顧 | トップページ | ジャパンカップダート回顧(してるか?) »

2009年12月 5日 (土)

グランプリファイナルからオリンピックへ

いずれにせよ、まともに見れたGPファイナルであったことは間違いない。
織田、安藤両選手には、オリンピック内定おめでとう。

素人目で思い付いた事をつらつらと…。ただし、まだ、ジャッジペーパーを見ていないので、大枠で書いて見る。

<男子>
SP、FSと緊張感のあるレベルの高い演技の応酬で非常に見ごたえのある試合だったと思う。
特に、今回表彰台に上ったライサチェック、織田、ウィアーといった選手は、ほぼミスのない演技でオリンピックに向けて自信を深めることが出来た大会ではなかったか。

中でも織田選手。
今シーズンの強さをこの大会でも遺憾なく発揮できたことはこれまでの彼の殻を破れたようにも思う。これで本当にメダルを争う選手の列に本当に加われたのでないだろうか。
日本代表は3枠。今回で内定が取れなくても、十分代表を勝ち取る力はあったわけだが、これでオリンピックだけに照準を合わせることが出来ることもかなり強力なアドバンテージとなるだろう。

そして、高橋選手。
とにかく残念なFSだったが、それでも私は全く悲観していない。
昨日のSPは圧巻の演技で、復活を高らかに宣言したものだったと思うが、私は今日の演技を観て見るまではっきりと判断は出来ないと思っていた。
やはり圧倒的に滑り込みが足りないだろうし、試合でのスタミナ不足は多くの大会を経ない限り、解消されないものだろう。今回も含め、疲労を残さない程度に数をこなすしかないと思う。
今回は、私の心配以上に崩れてしまったが、それでも昨日のSPだけでなく、今日の演技でも彼の輝きは感じ取ることは出来た。
私は彼がこのステージに、このレベルでオリンピックを前に戻ってくることが出来たことに喜びを感じている。
そして、彼なら全日本を勝ち抜き、オリンピックの舞台でベストの演技を見せてくれることを信じている。

そして、オリンピックには、このメンバーだけでなく、復活のプルシェンコ、ランビエール、更に、間に合えば、ジュベール。また、パトリック・チャンなども含めた選手が争うことになる。レベルの高さは近年でも稀にみるものになると思う。
今から楽しみで仕方がない。
その中で日本人選手が表彰台に立てたなら、その感動は計り知れない。


<女子>
以前のエントリーでも書いたように、キム・ヨナの出場する大会では優勝は決まっている。
GPファイナルごときの優勝の行方に一喜一憂するつもりもない私は、今回の結果自体には驚きはない。
あるとすれば、流石に点数操作も大げさにはしにくい状況になってきたのか、或いは、今回のみのガス抜きなのか判断の難しいところだな、といった辺りか。

優勝 キム・ヨナ
再三言っているようにここは指定席。
しかし、今回の総得点は188点台。これまでの銀河点に比べれば、実状に近づいた点数だが、それでも高すぎる。
せいぜい今回の演技では、170点台から180点に届くかどうかといいた辺り。(まあ、これでも高すぎるという意見もあろうが…)
この点数では彼女も安穏としていられないものではある。実際、今回も安藤選手がトリプルトリプルやダブルアクセルからのトリプルなどを決めていれば、勝てなかった計算になるのだから。
とは言え、彼女は今回かなり質の低い演技をしていたにも拘らず、安藤選手や浅田選手などがベストの演技をしたときと同等の点数を得ているわけで、これで彼女がノーミスで演技を終えてくれば、また銀河点が出てくる可能性は非常に高い。
やはり来るべき、バンクーバーの女子シングルは、銀メダル以下を争う興味を削がれる大会になってしまうのだろう。残念ながら。

安藤選手は二位でオリンピック内定。
今シーズンの不完全燃焼を払拭する演技だったとは思う。勿論、いくつかの不満点が本人にもあったのだろう。そういった部分がクリア出来ていれば、今回の優勝も可能だったという結果からも彼女の悔しさは十分に感じ取れる。(勿論、正当な評価がなされていれば、彼女が優勝だったとは私も思うが)
とは言え、ここで内定が取れたことは、経験は十分にある彼女に取って意義のあることだろう。これで照準はオリンピック一本に出来るのだから。
あとは、コンビネーションジャンプの質を上げていければ、彼女のオリンピックは意義深いものになると思う。

初の表彰台を得た鈴木選手。
非常に素晴らしいFSだったと思う。総得点でも170点を超えられたことは全日本で代表争いをするには十分な自信を得られたと思う。
昨年からの彼女の成長ぶりには目を見張らされる。年末は彼女にとってそのスケート人生を大きく左右する大一番になるだろう。

今大会の結果に立腹している方も多いだろう。
しかし、私は、キム・ヨナの存在を無視することでフィギュアを楽しむことが出来る自分を今回は発見した。
そして、日本人にしてみると、全日本選手権という大一番が待っている。
女子は、浅田選手、中野選手、鈴木選手、村主選手あたりが代表を争うことになるのだろうか。
いずれにしても、全ての選手が悔いのない演技をしてくれることを祈るばかりだ。

|

« 後付け、マイルチャンピオンシップ回顧 | トップページ | ジャパンカップダート回顧(してるか?) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/32504360

この記事へのトラックバック一覧です: グランプリファイナルからオリンピックへ:

« 後付け、マイルチャンピオンシップ回顧 | トップページ | ジャパンカップダート回顧(してるか?) »