« フィギュアスケート女子シングル ショートプログラム | トップページ | 女王の退場 -ウオッカ引退- »

2010年2月26日 (金)

祭りの終わり -フィギュアスケート女子シングルFS-

フィギュアスケート女子シングル、FSが終わった。

キム・ヨナが金メダル、浅田真央選手が銀メダル、ジョアニー・ロシェットが銅メダル。

ふう。

しかし、色々と言いたい事がありすぎる。

まあ、以前のエントリーから言っていたように、キム・ヨナの金は数年前から決まっていたので、驚かない。
そして、自国開催のロシェットがメダルを獲得すると言うのも、概ね予定通り。
結局、枠は一つしかなかった訳で、そんな中、頑張った選手たちに、拍手を送りたい。

根本的に、キム・ヨナの演技・スケーティングといった部分を、私は評価していない。
しかし、そこは置いといて。
彼女に対する評価自体が妥当だとすると、結果的に、今回の演技であれば、彼女の金は妥当だとは思う。

しかし、…なんじゃこの点数。
完全に男子を上回る点数。
SPの78でも十分笑ったが、FSで150点て!
PCSで、9点台って!
どんな冗談だよ。

もうエレメンツ一つ一つの正当性とか、議論する気にもならない。

SPでも言ったが、ハイハイ、スゴイデスネ。

銀メダル 浅田真央選手

素晴らしかった。と同時に悔いの残る演技でもあったと思う。
2回のトリプルアクセルをクリーンに入れてきたことに賞賛以外の言葉は無い。
それだけに、中盤でのジャンプの乱れは痛恨だっただろう。
自分の演技を演じ切れなかった涙だったのだと思う。
それでもバンクーバーで、トリプルアクセルを3回決められたという厳然たる事実は、彼女のこれからの拠り所になると思う。
下を向く必要は無い。
胸を張って、帰ってきて欲しい。
彼女のスケートは、まだ、終わってはいない。

追い風参考記録 ジョアニー・ロシェット

SPでもFSでも素晴らしい演技だったと思う。SPのレビューでも言ったが、この状況でこれだけの演技の出来る彼女は、本当のアスリートなのだろう。

とは言え、繰り返しになるが、それと点数は別物だ。

彼女のエレメンツで200点オーバーは有り得ない。
完璧な演技でもあり得ないのに、彼女のGOEにはマイナスもある。それでいて200点越え。
色々と考えずにはいられない結果には、素直に彼女を賞賛できない自分がいる。悲しいことだが。

第4位 長洲未来

素晴らしいFSだった。
あの最終組、最終滑走という状況も、彼女の伸びやかなスケーティングを止める事は出来なかった。
意外に、ステップやスパイラルでレベルが押さえられてしまったが、これから向上できる部分だろうと思う。
まだまだ、伸びる余地のある彼女は、今後世界で十分戦える選手になった。
これからもその演技を楽しみたい。

第5位 安藤美姫

厳しい戦いだったと思う。
難度を落として確実性を上げようという戦略だったが、ジャンプでの若干の乱れだけでなく、ストレートラインステップでもレベル2と取りきれなかった。
GOE、PCSでも点数が伸びず、長洲選手に逆転を許してしまった。
それでも、十分に見ごたえのある演技だったと思う。
前回のトリノでの挫折を完全に払拭することは出来なかったかもしれないが、彼女のスケートは表現しきれたのではないだろうか。
攻めても表彰台に乗れるというような状況でもなかったことは、腹立たしいが、この戦略にならざるをえなかったのも事実だ。

第6位 ラウラ・レピスト

素晴らしい演技だった。正直ここまで点数が伸びるとは思わなかったのだが、ジャッジペーパーを見ると、GOEでかなり加点されている。
PCSでも各項目で8点近くまで出ているので、この点に。このFSではメダリストに次ぐ4位だった。

第8位 鈴木明子

感動的な演技だったと思う。極上のウェストサイドストーリーを魅せて頂いた。
サルコウのダウングレードは残念だったが、概ね彼女自身満足のいく演技だったのではないか。
こういう緊張感溢れる中で、あのような演技を目にすることが出来るから、オリンピックは堪らないし、フィギュアスケートは目を離せない。

恐らく、この圧勝を受けて、キム・ヨナは引退、プロ入りするだろう。
めでたい限りだ。
彼女の爆上げが始まってから、フィギュアを見て、心から100%楽しむことが出来なかった。
そんな状況から脱却することが出来るとしたら、金メダルの一つくらい、安いものかもしれない。
巻き込まれた選手たちにしたら、迷惑極まりないだろうが。
いずれにせよ、フィギュアにおける韓国狂想曲は、ようやく終わりそうである。

この後、正常に戻ったフィギュアを早く見たいものだ。

|

« フィギュアスケート女子シングル ショートプログラム | トップページ | 女王の退場 -ウオッカ引退- »

コメント

南元彦
MURMUR 別館
両ブログをおすすめします

投稿: 葛葉 | 2010年3月 6日 (土) 20時43分

度々すみません。
キムヨナ選手と浅田真央選手両選手について動画画像静止画像で比較してます。南元彦
MURMUR 別館
2つのブログで参考になるかもと思いました。

投稿: 葛葉 | 2010年3月 6日 (土) 20時49分

>葛葉 さん

コメントありがとうございます。

MURMUR 別館
こちらのブログは以前から拝見してました。

南元彦さんのブログ
こちらは知りませんでした。大変参考になりました。

今回は、貴重なブログを教えていただきありがとうございました。
また、機会がございましたら、お越し下さい。

投稿: Horseplayer | 2010年3月 7日 (日) 07時11分

こちらこそ、ありがとうございます。
選手が最高の技を競い合った結果であればどこの国の選手が金メダリストでも私は祝福します。今のように日本の選手たちがメダルに届かない時もフィギュアスケートよく観戦してました。
今回は世界最高得点に値する最高の演技だったのか?疑問が生じてます。
今のフィギュアスケートの状況はまともに技術磨いても意味がないでしょう。競技自体無意味な虚しさを感じてます。
少しでもこれから疑問を持って議論する方が増えて、どこの国の選手達でも良い状況で試合出来たらと願っています。
韓国人日本人とスケート以外の罵りあいに発展し話がすり替わる状況も憂いてます。

投稿: 葛葉 | 2010年3月 7日 (日) 09時54分

そうですね。
私も伊藤みどり選手辺りからフィギュアを観ているのですが、ここ数年の様に普通に日本人選手が優勝に絡むようなことが無いときでも、十分に楽しめていたし、その時代のトップスケーターの演技は、素直に賞賛していました。

しかし、今回の一連の流れは、筆舌に尽くし難いものがありましたね。
それは金メダルを獲ったのが、韓国人だからということよりも、その過程、その評価の不公正ぶりにあるのですから。

でも、今回、彼女と韓国は、金メダルと引き換えに、彼女の世界における選手としての尊敬を永遠に失ってしまったのだと私は考えています。
自業自得ですが。

投稿: Horseplayer | 2010年3月 7日 (日) 21時29分

世界選手権でまた性懲りもなくキムヨナ選手上げしてくるかと戦々恐々。
キムヨナ選手の引退の花道で打ち上げ花火用意かそのまま捨て置きか…。
正直うんざりで、キムヨナ選手も出場したくないでしょうが韓国の国際枠の確保に動員。
出来るだけこれからの選手達を傷つけないでくださいとお願いします。
浅田選手の最高の鐘を今シーズン最後にみたいです。
かなり怒り過ぎて疲れてしまったオリンピックです。
2年前から疑惑のくすぶりが一挙にで…。
世界選手権で最高の鐘の演技を見守りたい。
同時に怒り過ぎてしばらくはフィギュアスケートは御免(泣)

投稿: 葛葉 | 2010年3月 9日 (火) 00時16分

こんばんは、フィギュアスケーターⅡという動画サイトが楽しかったので、良かったらぜひ見てください。

投稿: 葛葉 | 2010年3月12日 (金) 21時11分

真偽はわかりません。しかしネットで電通社員の告白文書が流れてます。
http://bit.ly/9Bp2sm
こちらのサイトにリンクして頂けたら幸いです。
間違ってる情報かもしれません。
私も混乱してます。

投稿: 葛葉 | 2010年3月12日 (金) 22時15分

>葛葉さん

ごめんなさい。
ここ数日チェックしてませんでした。
コメントありがとうございます。

お教えいただいたサイトは拝見しました。
参考になります。


しかし、まあ、今回のオリンピックは私もかなり怒り、そして、疲れました。
以前に、キム・ヨナを無視してフィギュアを楽しむというスタンスを書いてみたんですが、半分成功、半分失敗という感じ。
個人的には、どうせ結果は最初から分かってたという部分で、ショックとかありませんでしたから成功ですね。韓加以外の選手については、かなり見ごたえもあって男女共に楽しませてもらえましたし。

しかし、やはりあの銀河点に至っては、もう開いた口が塞がらない衝撃を受けました。
結局、浅田選手のトリプルアクセル怖さに出してしまった点数なんでしょうが、それにしても、韓国人の三文芝居に付き合わされた気分の悪さは、中々薄れません。
そういった意味では、失敗だったのかなと。


仰るように、本当にキム・ヨナが世界選手権に出てくるようだと、楽しみが大幅に損なわれてしまいますね。勘弁して欲しいところです。


点数については、オリンピックの時点で、世界中でブーイングが出たことから、多少押さえ気味に来る様な気もしますが、どうでしょう?
やつらの考えることです。
世界中の顰蹙を買ってでも、更なる世界最高点を更新してくるという文字通りKYっぷりを見せ付けてくれるかもしれません。

だれもそんな点数信用してませんけどね。

結果的に、フィギュアの点数の信憑性を徹底的に貶めるという意味では、キム・ヨナが出てくる意義はあるかも知れませんよ。

いずれにせよ。
私は、キム・ヨナ以外の選手を応援するし、楽しみたいと思います。
そう言いながら、終わった後で、また、怒ってるかもしれませんが(爆)。

また、お付き合い下さいm(_ _)m

投稿: Horseplayer | 2010年3月13日 (土) 10時41分

バンクーバーオリンピックまで現役審判だったパトリックイベンスの告白記事が衝撃的でした。
公正な審判が10パーセント…一割だけ。あと90パーセントは不公正だそうです。もう競技として終わってますね(怒)

投稿: 葛葉 | 2010年3月17日 (水) 19時14分

パトリックイベンスの記事はサイコロ一点物日記で日本語役が掲載されてます。英文はこちらのサイトです。
http://figureskate.wordpress.com/2010/03/08/patrick-ibens-interview/

投稿: 葛葉 | 2010年3月17日 (水) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/33543444

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りの終わり -フィギュアスケート女子シングルFS-:

« フィギュアスケート女子シングル ショートプログラム | トップページ | 女王の退場 -ウオッカ引退- »