« 挑戦の先に掴んだもの -フィギュアスケート男子シングル 高橋大輔銅メダル- | トップページ | 祭りの終わり -フィギュアスケート女子シングルFS- »

2010年2月26日 (金)

フィギュアスケート女子シングル ショートプログラム

フィギュアスケート女子シングルのショートプログラムについて、上位選手を中心に気になった選手をレビューしようと思う。



*注意*

本エントリーは、かなり偏った考え方(といっても、私は正当だと確信していますが)に基づき、記述されています。そのような考え方が嫌いな方、もしくは、特定地域の方々は、目にされないことをお勧めいたします。





また、私の考え方は、以前のエントリーで、簡単に記してありますので、そちらに目を通して頂けると、よりお楽しみ頂けるかと思います。






--------------START----------------------------------
またもや、というか、ここに来てあからさまな爆上げの点数が、キム・ヨナ、ジョアニー・ロシェットの両名に付けられた。
今更、驚きもしないが、それにしても、これが国際審判によってジャッジされた国際大会、とりわけ、オリンピックという最高峰の大会で為されたという事に、眩暈を禁じえない。

ともあれ。
順位どおり(爆)に、レビューして行こうと思う。





○キム・ヨナ (オープン参加) 78.50

ハイハイ、ス・バ・ラ・シ・イ・デ・ス・ネ(棒読みで)




①浅田真央 73.78
非常に素晴らしい演技だったと思う。トリプルアクセルだけでなく、全体を通して、ほぼ完璧なSPだった。
今期のスタート時点のあの演技からすると、俄かには信じられないレベルまで到達している彼女には、いつも驚かされる。
やはり彼女はオンリーワンな存在なのだ。会場の雰囲気も一変させてしまう、その存在感。
オリンピックのこの舞台で、基本的に、苦手としているSPを、ここ数シーズンの中でも、ベストの演技で締める彼女に拍手を送りたい。
フリーでも攻める彼女を応援する以外にない。この演技でも、かの国の人との差が約5点という事実にも負けずに頑張って欲しい。
もしかすると、ジャンプで失敗したりすると、ロシェットにも抜かれてしまう可能性を私は、覚悟している。それでも頑張って欲しい。
仮に銅メダルでも、そのメダルこそ、本当のチャンピオンの証なのだから。



○ジョアニー・ロシェット (追い風参考記録) 71.36
この自国開催の期待を一身に背負って、しかも、直前に母親が亡くなるという悲劇を経験してなお、この演技が出来る彼女の精神力には脱帽である。
心身ともに厳しい状態だろうに素晴らしかったと思う。
しかし、それと得点とは、別物だ。彼女の演技としては完璧だっただろうが、それにしても、3-2回転のコンビネーションで70点オーバーはコメディとしか言いようがない。
男子のパトリック・チャンの時にも感じたが、政治力でGOEとPCSをプラスし放題である。
例えるなら、追い風参考記録である。さしずめ、追い風3mといったところか。
もしかすると、というか、もともとの想定では、彼女の位置は銀のはず。フリーでは、浅田選手に失敗が出れば、すかさず彼女は2位に浮上するのだろう。
彼女は彼女の演技をすればいい。ただし、それは残念ながら参考記録でしかない。


②安藤美姫 64.76
3-3回転に挑戦した彼女の決断は間違っていないと思う。ダウングレードされたのは残念だが、フリーに向けても挑戦していって欲しい。
しかし、ジャンプに関してのダウングレードは妥当だとは思うが、PCSの低さは何だろう?各項目でロシェットに0.5程度差をつけられていることは全く意味不明だ。
メダルはかなり厳しいだろうが、攻めて行って欲しい。




③レイチェル・フラット 64.64
彼女の実力は発揮できたのではないかと思う。流石に、大混戦の全米選手権を優勝しただけのことはある。
トリプルルッツで若干のマイナスとレイバックスピンでレベル2と言う以外は、概ね完璧な演技。今大会の点数の出方から言えば、当然、60点を超えてくる演技。
以前観たときよりも、各要素で成長していて、見ごたえのあるプログラムになっていた。フリーでも成長した姿を見たくなった。



④長洲未来 63.76
素晴らしい演技だったと思う。シニアデビュー時の演技を上回る成長した姿を見せてくれた。
昨シーズンは怪我や体の成長でバランスが崩れたりで苦戦したが、彼女の本来のスケーティングが戻っていた。嬉しい限りだ。
スパイラルシークエンスやスピンなどはとても素晴らしかった。フリーでも良い演技を魅せてくれるだろう。そして、アメリカの三枠奪取に向けて頑張って欲しい。
アメリカが二枠では少なすぎる。見たい選手が多くいるのだ。



⑤カロリナ・コストナー 63.02
最近のスランプが気がかりだっただけに、一応、格好はつけた感じ。とは言え、本来彼女はSPは高い点数を出せる選手だけに、トりプルルッツで手を突いてしまったのは大きい。
GOEやPCSでも、もう一つ点が伸びきらなかった感はある。フリーでも気持ちを保って、素晴らしい演技を見せてくれたら、私は嬉しい。




⑥アリョーナ・レオノワ 62.14
彼女のほぼノーミスの演技を久しぶりに観た気がする。やはり雰囲気を持った選手で、彼女の明るい演技は個人的に好きだったりする。
トリプルルッツのマイナスは残念だったが、スピンやスパイラルは全てレベル4を取れている。
この60点台の選手は殆ど差はなく、一つのエレメンツでがらりと変わってしまう僅差にひしめき合っている。斜陽の王国で孤軍奮闘する彼女だが、その姿に悲壮感はない。そんな状況でも明るく切り開いていく。そんなフリーの演技を見せて欲しいと思う。
 



⑦エレーネ・ゲデバニシビリ 61.92
久しぶりに、彼女の小気味いいジャンプを見ることが出来て嬉しい。
トリノに出場したときの鮮烈な印象があったのだが、その後、政治的な問題もあって、精彩を欠いた演技しか見れないこともあって、淋しい思いをしていた。
今回は、きっちり照準を合わせてきて、ジャンプだけでなく、スパイラルやスピンでもレベル4が取れていた。
フリーでもしっかりと演技を揃えられれば、入賞は十分可能だ。まだ、彼女の勢いのある演技を観たい。



⑧ラウラ・レピスト 61.36
今回は、3-3回転を3-2回転を落として、確実性を上げたということなのだろう。
彼女に関しては、大きな大会になると実力を出し切れない、というような場面を見たように思うので、ここは良かったのではないか。
上位を目指すのであれば、フリーでは3-3回転を入れた上で、完璧な演技をしてくる必要がある。



⑨鈴木明子 61.02
この滑走順で、踏みとどまれたのは、彼女の強さだろうと思う。ジャンプの乱れは、確かに大きいが、それでもまだ、戦える位置にはいると思う。
ジャンプだけでなく、スピンやスパイラル、ステップといった部分でも、きちんとレベルを取れていた。しかし、相変わらずPCSでは、点をもらえないなあ。
ともあれ、彼女には、フリーでのウエストサイドストーリーという名プログラムがある。
これを演じ切った時、会場は彼女に魅了されることは間違いない。結果は自ずと付いてくる。





しかし、このSPのジャッジは、全体的に甘甘である。
これまで、ダウングレード、ロングエッジのオンパレードだったのが嘘のようである。
勿論、各選手たちが頑張ったのもあるだろうが、それにしてもグレーゾーンだったエレメンツは、今回軒並みレベル認定されている。
それは、これまで特定の選手だけ認定していたような事象を多くの選手で認定している。
だから、特定の選手に関しては、更なる爆上げっていうストーリーのようです。

|

« 挑戦の先に掴んだもの -フィギュアスケート男子シングル 高橋大輔銅メダル- | トップページ | 祭りの終わり -フィギュアスケート女子シングルFS- »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133680/33538278

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート女子シングル ショートプログラム:

» 浅田真央 シーズンベスト 衣装 [35秒で読む今日の芸能ニュース]
浅田真央VSキムヨナ...メディアはいつまで対等な扱いを続けるんでし... ≪浅田真央VSキムヨナ≫...メディアはいつまで対等な扱いを続けるんでしょうか?、キムヨナの方が格上なのに。バンクーバー五輪女子フィギュアで日本がメダル獲得は無理だと思うんですがみなさんはどう思いますか?。●個人的予想キムヨナ(メダルは確実)浅田真央(6位)安藤美姫(4位)鈴木明子(7~--位)上記の予想になるんですがみなさんはどうですか?。浅田真央が散々な出来になると思ったのは『海外での勝率が低い』からです... [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 14時56分

« 挑戦の先に掴んだもの -フィギュアスケート男子シングル 高橋大輔銅メダル- | トップページ | 祭りの終わり -フィギュアスケート女子シングルFS- »