2009年11月 6日 (金)

松井秀喜の到達点

素晴らしい活躍でしたねえ。録画再放送を見て、感動しました。

松井秀喜という選手によって、日本人の新たな到達点が示されました。

勿論、ワールドシリーズのMVPが全ての選手の頂点というわけではないことは、重々承知している。
しかし、MLBという世界の中でも、最も激しく険しい戦いで発揮されたそのクラッチヒッターとしての輝きは、これまでに日本人が経験したことのない高みであることは疑い得ないと思う。

チャンピオンリングということで言えば、これまでに多くの(というほど多くないけど)日本人プレイヤーが手にしている。ワールドシリーズでの活躍ということで言えば、数人の選手が成し遂げ、チームの勝利に貢献した。

だが、彼がこのシリーズで示したものは、それらのものとは明らかに違う地平にあるものだったと思う。(勿論、これまでの各選手の働きを否定するものではない。)
明らかにこのシリーズでの松井秀喜は、チームに試合に君臨していた。圧倒していたと言ってもいい。
フィラデルフィアの投手陣は、松井を抑えることが出来ずに敗れ去った。今日に限らない。これまでの6戦、ヤンキースの選手はこれまでのレギュラーシーズン、ポストシーズンでの破壊力を半減させられていたが、松井だけは打ち続けた。

メジャーに挑戦するにあたって、それまでのホームランバッターとしてではなく、中距離打者として、クラッチヒッターとしての生き方を選択した彼にとって、チャンピオンリングこそが唯一の目標だったのだろうが、それがチーム内外での評価を複雑にしてしまった感は否めない。
そして、怪我に見舞われたここ数年で、彼の居場所がなくなりかけていたのも間違いない。

しかし、彼は今年のレギュラーシーズン、ポストシーズン、その中のワールドシリーズで特に、自らの存在意義と居場所を掴み取った。とは言え、恐らく、彼はニューヨークを去ることになるだろう(そうならないことを祈ってはいるが)。それでも彼のメジャーライフは終わらないだろう。新しい居場所がどこであっても、その姿を見守りたいと思う。

さて、私は松井の到達点と言った。
それはなんだろう。
私は、それをチームでの中心打者としての地位と信任と規定してみる。
これまでチャンピオンリングを手にした日本人選手は活躍できた選手であっても、その位置はチームを支える位置にあったと思う。それはそれで間違いなく素晴らしい位置だし、それを完遂できた選手達には、非常に敬意を表するが、チームの中での中心打者としての活躍は、野球・ベースボールにおいて大きな比重を占めるものである以上、そこに到達できた松井秀喜という人物は偉大なのだ。
少なくとも、今シーズン、ヤンキースと言うチームは、アレックス・ロドリゲス、テシェイラ、松井の三人によって勝ち進んできたことは間違いない。そのミッションを一年間、更に、最後の最後までやり遂げることが出来たのだ。

比較され、それぞれの一部のファンが、互いに罵り合うことも多いイチロー選手とはまた違う、次元での高みだと思う。(私はどちらが優れているという観点で彼らを捉えていない)
そして、今年各々が達成した業績もまた、それぞれの色合いを持ったものだったのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

夏の終わり

菊池雄星の、花巻東の、東北の夏が終わった。
想像したくなかったが、想像しうる最悪の形で終わってしまった。

これも高校野球。
これも甲子園。

でも。

残念でした。

間違いなく、この大会は、花巻東の大会でした。

菊池投手だけではなく、チーム全員の大会でした。

お疲れ様でした。

まだ、東北には、優勝旗は辿り着きません。

私が生きている内に、その光景は見られるのかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

甲子園における物語の行方

物凄い試合だったと思う。
そして、花巻東というチームの強さを再認識させられた試合だったと思う。

勿論、明豊の強さがあって初めて、この好試合が存在したことは言うまでもないことですが。

甲子園の始まる前に読んだコラムに、「甲子園で優勝するには、物語が必要だ」というようなことが書いてあった。

東北のチームにとっては、優勝旗を白河の関を越えて持ち帰るという究極の目標・悲願がある。
これまでの幾多の名チームが準優勝の位置で涙を飲んできた。
磐城・三沢・東北・仙台育英、そして、花巻東。
今回の花巻東には、そんな東北のチーム、東北人の想いが重なっている。

勿論、各チームに様々な物語があったことは承知している。しかし、それを置いても、我々には、その想いがある(他の地区の方々、ごめんなさい)

そして、前述のコラムでは、「甲子園での戦いの中で生まれてくる物語も重要な要素だ」と語っていた。
緒戦でのHR3本献上や、その後の打撃陣の踏ん張り、そつのない走塁や勝負強い打撃。
そして、今日の菊池投手の途中降板。その後の逆転を許した後の同点、逆転の攻撃、後を受けた猿川投手の粘り強さ、etc…

このチームは何かを持っている。

何かを持っていると、周りに感じさせるオーラがある。

勿論、それは運や流れだけで彼らが持ちえたものではなく、これまでの彼らの努力の結果、掴み得たものなのだろう。

だからこそ、今大会、毎試合のように好試合を戦い、尚且つ、それに勝利してきた。

あと二つ。

それは、一つ一つ、積み重ねなければならない道のりなのだと承知している。

しかし

あと二つ。

菊池君の状態が非常に心配だが、私は、そして、多く人々が同じような想いを、祈りを持っているのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

WBC JAPAN BACK TO BACK!!!

相変わらずの遅レス振り。

WorldBaseballClassic JAPAN Back to Back !!! 祝二連覇

しかし、ファイナルは、ちょっとない位のグレイトゲームでした。

まあ、日本の残塁の山が、これまでの試合同様に嫌なイメージを想起させたりした部分もありましたが、今回に関して言えば、岩隈の好投により、これまでの試合よりは、安心感はありました。

その要因の一つは、漸く、韓国投手陣に対する対策と攻略が最低限出来たという部分。勿論、韓国投手陣の出来が、今大会の対戦の中で、一番出来が悪かったのも大きかったですけどね。

とは言え、そのような状態であっても、懸命な投球と集中した守備でより多くの点を与えなかった韓国の素晴らしさを称えるべきかもしれないとも思っていた。今回、オールプロとなってからの日韓戦で、初めて韓国チームを賞賛したい気持ちになった。まあ、相変わらず、試合以外の部分でのいけ好かない言動については、もう期待すらしていないことに変わりはないけど。

というような、直接的な要因はありつつも、他のブログやサイトでも言及されていたし、私も前々から思っていたことだが、日本と韓国の選手層の厚さの差が、ここに来て現れたということだろうと思っている。

基本的に、球界単位でのレベルということであれば、何の問題もなく、日本のほうが韓国よりも上にあることは間違いない。しかし、こと代表チームという単位、或いは、各個人という単位で見るとき、日本と韓国のトップ選手のレベルには、殆ど差はなく、同等なのであろうということも、それこそ数大会前のオリンピックなどから分かってはいた。

今大会においても、少ないながらも、高いレベルの選手が、自分の力を最大限に発揮しながら、チームとして非常に有機的に動けていたと思う。これまでの4試合で、日本に通用する選手、しない選手というのが、はっきりして、のファイナルだったのですが、韓国が優勝するには、9回裏のサヨナラ勝ちしかなかっただろうと思う。あそこで、同点どまりだった時点で、勝負は決した。

もう10回には、韓国に抵抗する力は残されていなかった。ピッチャーもイム・チャンヨンしか残っていなかった(実質的にね)し、仮に10回は抑えられたとしても、その後は…。打撃陣も、全選手を使いきり、中心選手が退いてしまっては、チャンスすら生み出せなかっただろう。対して、日本は、ダルビッシュの後も、涌井や山口、小松といった選手が残っていた。この差は大きい。

私も、この大会のシステムの問題点は、十分感じていて、韓国と五回も対戦するということにうんざりしていた口である。しかし、結果的には、今回、五度対戦する中で、選手・スタッフの中で、韓国チームの個々人の特性、チーム戦術といった部分の把握は、かなり進んだのだろうと思えることは、このシステムのおかげとも言える。

つくづく、このWBCという大会は、前回、今回と、日本代表にとって、良い巡り合わせになっている。

それを運が良いという言葉だけで、片付けてしまうのは、ある意味、彼らのキャリアを掛けたチャレンジに対して、礼を欠く姿勢かなとも思う。

素直に、おめでとう。そして、ありがとう。

でも、まだ言いたいことはあるので、もう一つか、二つ、エントリーすると思うけど。

しかし、もうフィギュアの世界選手権は始まっているし、F1も開幕、週末には、ドバイWCデー&高松宮記念。野球もNPB&MLBの開幕はもうすぐそこ。私のMLBファンタジーもスタートする。忙しい限りで、書きたいことは事欠かないが、書きたいことが多すぎると、整理しきれず、書かずじまいということも多いので、要注意。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

Fantasy MLB 2008 Start!

 日本での開幕シリーズも過ぎ去り、本国での開幕戦も終わりました。メジャーリーグの本格的な開幕です。

 そして、メジャーが開幕すると、私のファンタジーもスタートします。

 以下、ちょっと説明。知ってる方は、飛ばしてね。

-----------------------------------------------------------------

 ファンタジーというゲームをご存知でしょうか?アメリカでは、流行るとかそういう次元を超えた一つのジャンルと化している一大ゲーム。現実の様々なスポーツを、実際のスポーツの成績を使用して、参加者のスコアとし、順位を争うものです。

 こういう説明だと分かりにくいので、野球で説明しましょう。(一般的なファンタジーの一例です)

 一定人数の実在の選手を選択して、自分のチームを作ります。そして、自分の選んだ選手の実際の成績が、自分のチームの成績となっていくのです。その成績の集計で、他の参加者と競って行く訳です。

 こうすると、スター選手ばかり選べば、簡単じゃないか、という考えが出てきますが、ことはさほど簡単ではありません。選手たちには、実績に応じた年俸(実際のじゃなくて)がゲーム毎に設定されていて、チームで選択した選手の年俸総額が決められている為、実績のある選手を多く選ぶと総額をオーバーしてしまうのです。

 ですから、実績の少ない(年俸の安い)、でも活躍しそうな選手を入れたり、ここ数年低迷しているけど復活してきそうなベテラン(数年間の低迷で年俸設定が安くなっている)などを選ぶことで、年俸総額を抑制します。また、実績のある(年俸の高い)選手の見極め、取捨選択が大きなポイントとなります。多く選べないスター選手です。一人の選択ミスが、自分のチームの成績に大きく影響します。

 このような選択をし、実際のシーズン同様、シーズンの間の成績で競います。(中には、1週間のみのものや、シーズンの半分、あるいは、プレイオフ期間のみのものなど多種多彩です)

 アメリカなどでは、この順位に応じて、賞金が出ることも珍しくなく、中には、とても高額な賞金のつく物などもあるようです。

---------------------------------------------------------------------

以上、ちょっと説明終わり。

 まあ、アメリカ、ひいてはネット世界であれば、英語のサイトで腐るほどファンタジーゲームは募集しているのですが、何となく読める程度では、参加する自信はなく、大人しく日本で展開されている「ファンタジースポーツジャパン」の「ファンタジー大リーグ」に参加している次第。

 もう5年位参加していますが、成績はボチボチですが、やっぱりやらないとシーズンが始まった気がしませんね。で、記録として、スタート時点の選手を書き残しておきます。終了時とはどう変わっているかな^^。

TEAM:Horseplayers for MLB

打者   
C 2 Martin, Russell LAD 1040
C 35 Soto, Geovany CHC 390
1B 107 Fielder, Prince MIL 1340
1B 148 Votto, Joey CIN 400
2B 210 Kinsler, Ian TEX 1030
2B [207] Upton, B.j. TB 1090
3B 302 Wright, David NYM 1750
3B 328 Kouzmanoff, Kev. SD 600
SS 401 Reyes, Jose NYM 1850
SS 419 Hardy, J.j. MIL 750
OF 552 Young, Chris ARI 870
OF 509 Byrnes, Eric ARI 1480
OF 517 Rios, Alex TOR 1330
OF 598 Hermida, Jeremy FLA 670
OF 627 Buck, Travis OAK 500
OF 546 Hawpe, Brad COL 900
DH 534 Griffey Jr, Ken CIN 1020
DH 501 Holliday, Matt COL 1740
投手   
SP 810 Haren, Dan ARI 1190
SP 807 Harang, Aaron CIN 1210
SP 816 Bedard, Erik SEA 1070
SP 802 Peavy, Jake SD 1480
SP 902 Buchholz, Clay BOS 700
SP 880 Hill, Rich CHC 780
RP 1103 Saito, Takashi LAD 1460
RP 1104 Putz, J.j. SEA 1420
RP [1123] Corpas, Manuel COL 1150
SW 894 Harden, Rich OAK 730
補欠選手   
C 25 Napoli, Mike LAA 490
1B 134 Jacobs, Mike FLA 590
1B 103 Howard, Ryan PHI 1540
3B 310 Braun, Ryan MIL 1090
SS 403 Ramirez, Hanley FLA 1550
OF 512 Ordonez, Magglio DET 1410
OF 513 Ramirez, Manny BOS 1390
OF 631 Quentin, Carlos CWS 480
SP 854 Liriano, Franci. MIN 870
SP [806] Beckett, Josh BOS 1240
RP 1105 Papelbon, Jonat. BOS 1410
RP 1113 Valverde, Jose HOU 1270

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

前時代的な組織不要論

まあ、これは高野連のことですが。

下らない!下らな過ぎる!

そして、悪意的だといってもいい。

私は以前から、プロ野球オーナー会議と高野連は「百害あって一利なし」と公言し続けてきた人間なんですが、今回の問題は、呆れ果てて笑いが出てくるほど。

ふざけるなと。高校野球を潰す気かと。

そして、ひいては、日本の野球を絶滅させる第一歩だと思う。

そもそも私は特待生制度というもののどこが悪いのか、全く理解できない。

様々な分野でその才能を認められた人間が、より良い環境で自分の才能を磨くことに何の問題があろう、そして、それを他人に非難される謂れがあるのだろうか。

日本人は、誤ったアマチュア精神をいい加減捨てるべきだ。

日本人がこれまで理想としてきたアマチュア精神など、単なる精神論に過ぎない。それが世界の舞台において、人材と資金をかけて育成された海外のアスリートによって、敗れ去るのをどれだけ目撃させられただろうか。

敗れた人たちの多くは、世界の舞台において、完全に能力的に劣っていた訳ではない。環境が劣悪に過ぎただけである。資金などは限られ、援助もほぼ皆無。それでいて、世界で結果は求められる。そのような状態に耐えられるアスリートは、極一部であり、多くの人は競技生活を断念していく。

ただし、野球というスポーツだけは状況は異なっていた。高校野球とプロ野球の興行的な成功によって、圧倒的な資金と人材を抱えて、多くの問題を内包しつつも、ここまで日本のナンバーワンスポーツとして繁栄してきた。

それもどうやら限界に来ているように思う。それはサッカーによる追い上げや趣味の多様化による野球離れといった現象から来るというよりも、日本の野球界の制度的な限界に拠るところが大きいように思えてならない。

今回の特待生制度についての態度に象徴される高野連の独善的で高圧的なやり口。

プロ野球における無軌道な球団オーナーや親会社による自分勝手な振る舞い。

これらは全て、現役の高校生、野球選手にその責任を押し付ける形で、幕引きされる。

そうやって踏みにじられた人々はこれまでの歴史上、数限りない。もういい加減にすべきだ。

これらの日本野球に寄生し、蝕み続ける組織は解体すべきだ。

私学の関係者の皆さん(私学でなくても良いと思うけど)。私はいっその事、全ての私学が高野連から脱退し、新たな組織でも結成した方がいいのではないか、とさえ思う。

高野連の開催する甲子園大会にはでません、と。そして、新たに組織した団体において、新しい大会を創設したら良い。これまで高校野球に絡めなかった読売や産経でも抱き込めば、一気に進展するように思う。

この組織は、選手の育成、野球の振興を第一の目的として、運営されれば、特待生であろうと、越境入学であろうと問題はなし。とでもすれば、選手は家の経済状況に関わらず、自分にとっていい環境を選択でき、また、高校も才能のある選手を集め、適切に育成することで高校の価値を高めることが出来る。

選手にとっても、高校にとっても、ゲシュタポばりの、あるいはやくざまがいの高野連の判断に戦々恐々とする日々を送るよりも、よっぽど健全な高校生を育成できると思うのですが。

------------------------------------------

そして、この一連の流れで、私がもう1つ気に入らないのが、OBの存在である。

先年のプロ野球ストライキの問題でも、今回の特待生制度に関する高野連の暴走問題においても、それぞれのOB連中は、反応が極めて鈍く、そして、歯切れが悪い。

お前達は何をしてる!

これまで、その恩恵に預かってきたのではなかったか!

偉そうに先輩面をして、後輩連中を指導、使役してきたのではなかったか!

それをこのような重大な問題のときは、見てみぬ振りか!

伝統が聞いて呆れる。

現役の選手達よ。このような全く頼りにならない人間達は、無視して、頑張って欲しい。

日本の野球を作っていくのは、他でもないあなた達です。

あなた達の通った後に新たな日本野球の道が出来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月30日 (月)

日本シリーズとワールドシリーズ

タイトルにあるのに、初めてMLB。っていうか、プロ野球込みで、ですが。

日本シリーズも、ワールドシリーズも終わりましたね。今年は、どちらも楽しく見れました。

思うことをつらつらと。

--------------------------------------------

<日本シリーズ>

っていうか、新庄っていつの間に、あんな大人で真人間になったのだろう。

と第5戦を見ながら、考えてしまっていた。

そもそもこの選手は阪神時代から、好きではなかった。そんなに野球選手としての能力があるとは思わなかったし、パフォーマンスだけの男だと思っていました。

メジャーに行く、となってからも、さほど期待をしませんでした。大した事なかろうと。予想よりは頑張りましたが、やはり、メジャーでは厳しかった。まあ、居ようと思えば、居れたでしょうが。

で、日本ハム。パフォーマンスでも何でも、北海道で観客が入るのであれば、いいか。ってぐらいのテンションで見てました。

でも、今年のというか、このポストシーズンでの新庄には、感動してしまいました。不本意ながら。いつの間に、こんな、すてきさんになってやがったんだ。

元からだったとしたら、すみません。

察するに、メジャーに行ったあたりからなのかな。多分、色々あったのでしょう。

人間って成長するんですね。

おめでとう&ご苦労様。

クローズアップ現代も見ましたが、日本ハムの選手評価システム、育成システムは素晴らしかったですね。日本にも、漸くこういうシステムが浸透してきてるのは、うれしい限り。遅すぎる気もしますがね。球団によって評価が変わる、必要とされる選手は何も、どっかの球団が買い漁るトップクラスのスター選手だけじゃない、という証明ですね。

この辺は、エクスパンションドラフトもしてもらえなかった球団よりも下の順位になりかけた某球団には、耳の痛い話でしょうね。そもそも2球団のいいとこ取りだったのにね。ああ恥かしい。そんなことだから、客も入らないのではないでしょうか?よく考えましょう。

あと、これでいい加減、プレーオフをやっているリーグのほうが、日本シリーズで有利である、ということをプレーオフ反対論者の某、落合監督には納得していただけたでしょうか?

まあそもそも今回の中日は、ベンチも動きませんでしたからね。負けたのは、自業自得でしょうか。

--------------------------------------------

<ワールドシリーズ>

ようやくセントルイスが優勝と。好きなチームのひとつなので、良しとしましょう。田口っち、おめでとう。

まあ、今年の流れからして、セントルイスかな、ってワールドシリーズ前に、ちょこっと思いましたが、でも、なんか今年は優勝は、該当者なし。みたいなシーズンだったように思いますね。

ポストシーズンに進んだチームを見渡しても、どこも決め手に欠けるような印象。

結果的には、そこそこ安定したピッチングスタッフとか点を取るための多彩なタレントが揃っていた攻撃陣を持っていたセントルイスと。

でも、今年は、プホルスもそれほどいい出来じゃなかったし、ほかのバッターもそれほど好調でもなかったんですけどねえ。ディヴィジョンあたりでは、田口が一番調子いいんじゃないか、という始末。ラルーサの手腕で何とか、うっちゃったみたいな。

デトロイトも去年までを考えれば、116勝のマリナーズよりも偉大といえるようなシーズンだったと思うけど、最後は若さが出ましたね。パッジも調子落ちなのか、衰えなのか、一人では対抗できなかったというべきか。

いずれにせよ、メジャーでははっきりと世代交代の時期に来ているようですね。

ピッチャーもバッターも若い選手がどんどんと台頭してきています。

来年、松坂投手もそんな話題の中心に居れれば、いいですね。ピンストライプになるのでしょうから、また、大騒ぎ。そんな星の下に生まれてきたんでしょうね。この選手は。順調に行けば、先発ローテーションの柱になりえると思うので、頑張って欲しいです。向こうに行けば、球速も上がる事が予想されますので、100マイルボーラーの仲間入りができるかも。

このオフにはFAで、いい選手が居ないということで、井川あたりでもかなり評判なようで。ローカル球団にいければ、ローテーションの四、五番手なら十分やれるはず。

個人的な反省点としては、ファンタジーでのチームの編成を根本的に考えないと、ノーチャンス。大反省です。

| | コメント (2) | トラックバック (4)